• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

篠原有司男の底力 2

 美術手帳 1995年10月号 掲載


    花魁

武蔵野の片隅の空き地で作品制作の毎日。 世界に発信するには? 浮世絵は十九世紀末のヨーロッパに大影響を与えていた。  モネ も ゴッホ も ロートレック も。  よーし、これが下敷きだ! 蛍光塗料をふんだんに使った、花魁シリーズの三十点の絵はたちまちパリ青年ピエンナーレの代表作となっていた。


マイナスをプラスに


 篠原さんは、ひらめきなどでやってきていながらもずっと制作が続いているというのはどうしてなんで
しょう。

 


篠原 … それは内的な条件と外的な条件がふたつ重なるんだけど、一九五七年に林武に芸大をおっぼり出されて、溺れる者はわらをもつかむ、の気持ちのときに出合ったのがジャン・ポール・サルトルの本で、それを読んでいるうちに、実存主義の理論を自分なりにどんどん曲げて解釈していったのね。 それを正確に読もうとする気はほとんどなかったんだ。 大急ぎで読んだら、自分のこれからにものすごく役に立つ言葉とか考え方とかがそこにたくさんあるように思ったのね。

 まず第一は、うちは四畳半でカネがなくて、絵描きの条件がぜんぜんそろってない。 西洋の人たちに比べてアトリエは狭いし、絵具はないし、情報はないし、外国語はできないし、日本という東洋の片隅でしか仕事ができない。 しかも、荻窪の端っこであるという条件を逆手に取って、これこそ世界に発信する最高の 「地の利」 であるととるわけ。 マイナスの特徴を逆に全部プラスにしようとするわけ。 「ボクシング・ペインティング」 が平気でできたのも、実存主義のおかげなんだ。

 もうひとつ、 「イミテーション・アート」 というのがあって、コカコーラの瓶を三本持ってきて、ラウシエンバーグの 「コカコーラ・プラン」 という作品を真似してつくったら、同じものができたわけね。 コカコーラの瓶は世界共通で、日本でも買えるし、アメリカでも買えるわけ。 同じサイズのもので白黒の写真から真似したら、すごいフレッシュなものがぼくの手でできた。 おふくろが見て 「おまえ、ひとの作品を真似して恥ずかしくないのか」 という批判も受けたけど、自分としては、恥ずかしい、泥棒をしたような気持ちと、もうひとつなにか新しいものができ
たという、ものすごくフレッシュな感覚とがあった。

 

    バミューダ島


     地獄のニューヨークで八チャメチャになり、電圧上りっぱなしの体を冷やすべく、天国に一番近い夢の島、バミューダ島は J・F・ケネディ空港から僅か一時間半。 高気圧は珊瑚礁を乳白色に染め、椰子とカラフルな家を極端に青い海と対比させ、僕をいやでもキヤンヴァスに向かわせる。 魚が熱帯魚なら花は野生のハイビスカスや夾竹桃が路一杯あふれる。  しかし画題となるとここにナポレオンのこじき軍隊や、鳥獣戯画の蛙や兎ちゃんのもちつきが入らないとアートにはならない。

バミューダで制作する三木富雄組

Tomio Miki Group Working in Bermuda

1987年    207×174 cm

アクリル・キャンバス

徳島県立近代美術館

 


美術のなかのデーモン


その後渡米という事になりますが。


篠原 … 六九年にロックフエラー三世奨学金をもらっていったんだけど、最初は、ニューヨークの人種とか都会の喧騒とか独立記念日とか、クリスマスの孤独とか真っ昼間の孤独とか、一杯のコーヒーの飲み方とかバーでの洒の飲み方とか、バーテンヘのおごりとかティップとか……。 まさに、ミッキー・スピレーンがニューヨークの都会を書いた探偵小説がぴったりなわけ。 すごいところだと思った。 実際に用心棒みたいなやつがいっぱいいるし、それにイエローキヤブが右往左往してて、とにかく絵になるわけね。 これは描かなきやいけないというもので頭の中がいっぱいだったね。それで絵とか版画がちょっと売れると、自分の手でアメリカでドルを稼いだという自信というか、うれしさがひしひしとあるし、すっごい希望が出てくるわけ。

 ニューヨークというのは出稼ぎの街だから、カネ、カネ、カネなわけね。 そのあいだにいっさいの感情、センチメンタリズムがない。 カネを貸してくれる友だちもいなければ、親もいない、子もいない。 銀行なんてぜんぜん貸さないなかで、ゲンコツ一個で生きていくんだから、じつにすさまじいよね。

 ぼくは日本でだったら評論家と対等に話ができたんだけど、アメリカに行ったとたんに、評論家の名前は知らない、顔も知らない。 美術マスコミはいっさい関係なくて、言葉はできない、作品だけでモノをいわなきやならないという極限状況でスタートしたから、やっぱり作品が強くなるし、おしゃべりになるし、人をひきつけようとするものすごい強い力をもたなきやならないし、しかも、売れなきやならないという最大条件があるわけ。

 そういうぶうに生活と芸術がいっしょになって進行していくからね。 生活をエンジョイしすぎて絵がおろそかになった人はたくさんいるね。 絵にそんなに苦労したってしょうがねえだろう、ということになるわけ。 そこで差がついてくるんだけどね。 やっぱりアメリカとか世界のトップのアーティストに戦いを挑んで、関心をもたれて、仕事をしていくには、自分に知性と厳しさと力が必要だね。 それはひじょうにエネルギーが要るよね。 そういう意識を支えるエネルギーは、ニンニクとかをバンパン食ったりしていても出ないし、むずかしいよ。

 

渡米後キャナルストリートのロフトで花魁の大作を制作中 1970

 


 そういうのはどこから生まれたんですか。


篠原 …… それはハングリー精神なんだけど、美術のなかに自分をどんどん引きずっていく、のめり込ませていくデーモン、悪魔を見ていないとできないね。 デーモンを見ないやつは合理主義的になるんだけど、合理的
な生活を求めたら、アーティストは一日も生きられなくなる。 すべてが矛盾と失敗と悔恨と焦りとジェラシーと勝利の喜びなんかが全部混ざった生活なんだ。 売れてないときに売れているやつを見たら、しゃくにさわるに決まっているんだから。 それを我慢して制作を続けていくエネルギーはどこから来るかといったら、デーモンに引きずられていく、というしかないね。


 デーモンに引きずられていったら、地獄に落ちちゃうんじゃないですか


篠原 (笑) …… だからさ、そこはね、やっぱり地獄が極楽だと思えるようにならないと一流になれないよ。 思っているだけじゃなくて、ピカピカ見えてこないとダメだ(笑)。 すげえところまで来たな、という感じでさ。

リトルイタリーの酒屋にて  1985

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.