• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ナム・ジュン・パイク : トランズミッション  

Nam June Paik: Transmission

ロックフェラーセンター前広場

6/26~9/2、2002

 

 

 

ナム・ジュン・パイク、”トランズミッション”,2002

 ©S.Yoshida

 ロックフェラーセンター前、むかって右手より

©S.Yoshida

                       

                        ナム・ジュン・パイクのインスタレーション、”トランズミッション”が、ロックフェラーセンター前広場で公開されている。これは、パブリック・アート・ファンドの企画によるもので、一昨年はジェフ・クーンの巨大”パピー”、昨年はルイ・ブルジョワのブロンズ製の大蜘蛛”ママン”で話題になった。これら過去の作品は、ヨーロッパですでに公開されたことのあるものだったが、パイクの作品は、はじめてファンドがロックフェラーセンターのために企画したものだ。“トランズミッション”とは、伝達、送達という意味。放送、車がその手段であるように、パイクのインスタレーションは、30フィートの電波塔とそれを取り囲む16台の車によって構成されている。

ロックフェラーセンターむかって左手より

©S.Yoshida 

                       

                        広場中央に立つ電波塔には、昼間、赤、青、緑のネオンが走る。レーザーの専門家、ノーマン・バラッドの協力を得て、夜には毎時間ごと真夜中までレーザー光線を発する仕組みになっている。これは、20世紀におけるブロードキャスト・コミュニケーションと21世紀におけるレーザー技術による新しいコミュ二ケーションの融合を示唆する。この電波塔が、ロックフェラーセンターに本拠地を置く、全米最大の放送局の一つであるNBCの前に位置する事が興味深い。

©S.Yoshida

©S.Yoshida

 

©S.Yoshida

                        16台の車は、“モーツアルトのレクイエムを静かにかなでる20世紀に捧げる32の車(1997年、ソウルのサムソン文化ファンデーション)”から流用された。”32の車”は、パイクの様々なテーマの中で頻繁に<再活用>される作品である。すべて1920年~50年代の車からなり、銀色にペイントされた車体に備え付けのスピーカーからはレクイエムが流れる。20世紀で最も重要な発展をとげたのは、車とメディアテクノロジーだった。しかし両者は便利さとともに社会への弊害ももたらした。この車とメディア産業の台頭と危機が、パイクが扱ってきたテーマだった。

ロックフェラーセンター前、むかって左手より

©S.Yoshida

                        ”トランズミッション”は、未来における私たちの文化への危機を示唆している様にも見える。しかしたとえパイクが批判を込めたとしても、それはけして攻撃的なものではない。だからだろうか、”トランズミッション”は、入れ代わり立ち代わりお気に入りの車の前でポーズをとる観光者たちの姿によく合う気がした。

Yoko Yamazaki)

©S.Yoshida

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.