• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ギュウチャン、ニューヨークタイムズからインタビュー

日本を代表するアーティストとしてニューヨークタイムズ(8月20日2000年)に紹介され、岡本太郎についてコメントを求められる。


アート欄掲載記事から抜粋

篠原有司男(1932年生まれ)のような急進的な日本人アーティストにとっても岡本太郎の芸術と芸術観は特別な影響力を持っている。篠原有司男は1960年にネオ・ダダ・オルガナイザーズという反体制芸術グループに参加し、1969年からニューヨークに活動の拠点を移している。かれの作品は初期の廃品彫刻スタイルから陽気なポップアート調の熱狂的でクロスカルチャーな絵画へと発展してきている。

「岡本太郎のエネルギーはピカソのようだ。それは巨大で影響力があり、我々を解放する」

と篠原有司男は言っている。

篠原有司男は最近、壁画サイズの絵画を川崎市岡本太郎美術館の「万歳七唱 岡本太郎の鬼子たち」と題する展覧会に展示している。その作品は「野外制作中の岡本太郎-アリゾナの朝日からバミューダ島の夕日」と題される激しい劇画調の作品である。

篠原有司男は最近バルセロナを訪れ、現在、彼曰く

「画面の中でポケモンとガウディーの有機的曲線が出会う」 大作の絵画を制作中である。

「岡本太郎の最大の貢献は彼の力強い情熱的なスタイルだ」

と篠原有司男は述べた。

 

Fukui


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.