• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

Solomon R. Guggenheim Museum

グッゲンハイム美術館


展覧会名 Clemente 

               (クレメンテ展)

 

Francesco Clemente

Priapea, 1980

 

Francesco Clemente

Unborn,1983

 

Francesco Clemente

The Four Courners, 1985

Francesco Clemente

Contemplation, 1990

Francesco Clemente

Alba, 1997

Francesco Clemente

Scissors and Butterflies, 1999

 

会期 1999年10月8日から2000年1月9日

 フランチェスコ・クレメンテ(1952年イタリア・ナポリ生まれ)のこの展覧会は1970年代から現代に至る200点以上の様々なメディアを使った作品を展示する。

 油絵、フレスコ画、水彩画、パステルのドローイング、彫刻と本のイラストレーションを含む。

 グッゲンハイムが全美術館を使って今までに行なった回顏展(Retrospective)では最も若い作家のものであり、クレメンテは豊富で多彩なイメージにあふれる多大の作品を創り続けている。彼が最初に国際的評価を受けたのは1980年のヴェニス・ビエンナーレであり、彼の物と伝統的材料の使い方は1960年代後半から70年代の美術界に普及したコンセプチャリスト(観念主義者)の美意識からの決別であった。

 彼の主題はスタイルとカルチャーの歴史と文化網の相互作用から導き出されており、地中海、インドとアメリカの影響を反映している。

筆者注:キャステリのインタビュー記事を読まれた方は”3C”の一人として紹介されていたのを覚えていられたと思う。

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.