• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

オークション

 

特別寄稿 By Andrew Decker

 

  今シーズンのピカソは9,000万ドル-100億円

ニューヨーク クリスティーズとサザビーズは11月のオークションに向かって数千万ドルの作品探しと収集のホームストレッチに突入している。 サザビーズはサイデンバーグでの個人コレクションと彼女の画廊での在庫を確保した。 一方、クリスティーズは、ブルージィ-ンズメーカー リーバイ・ストラウスの4代目の姪、マドレーヌ・ハス・ラッセルのコレクションを売りに出すであろう。

彼女のコンサイメントは主要なピカソの3作品であり、その総額は少なくとも100億円以上のオークションとなるであろう。

ピカソの 「黒い肘掛け椅子に座った裸婦」 (サイズ65インチ X 53インチ、日附1932年3月2日) 作品は若い恋人マリー・テレサ・ウオルターをモデルとした一連の肖像画の一作である。 このシリーズの他の何点かの大作は、過去数年間で22億円から53億円で買われている。

 

また 「自分の腕に頭をのせて寝ているウオルター」 の作品は推定約40億円といわれている。

サザビーズはサイデンバーグが以前所有していた2点のピカソを売り出す。 また彼女は過去20年以上ニューヨークでのピカソの独占ディーラーであった。

2点の中には 「庭にいるドラ」 を含み、ゲルニカの後に描かれた, サイズ51 1/2インチ X 38

1/4インチ。 平坦に構図したネオクラシック様式の絵で、歩道に置かれた胸像の側に女が座っている。

最初は推定22億円と言われたが、最終的には14億から20億円と下った。

尚、上記のオークション日は

       クリスティーズ        11月8日            午後7時

       サザビーズ            11月10日            午後7時

  に行われる。

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.