• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

オークション

サザビーズ(オークションハウス)の大スキャンダル 第2弾


 クリスティーズとサザビーズが連邦政府の価格談合反トラスト調査の対応に気を捉えられている間隙を狙って LVMH Moet Hennessy Louis Vuitton (LVMH モエ・ヘネシー ルイ・ヴィトン)の会長である Bernard Arnault (バーナード・アーナルト)が、世界大3番目のオークションハウス Phillips (フィリップス)を4ヶ月前に買収し、インターナショナルのアートマーケットに参入した。
 その上に、アーナルト会長は先週フランス最大のオークションハウス Tajan (タハン)を買収するのに成功したと発表した。
 結果、フィリップスはフランスのオークション市場、フランスでは待ち焦がれ、延期に次ぐ延期の外国オークションハウスを締め出してきた政策の変更を余儀なくさせ、市場の開放となった。 それは又、フィリップスがマーケットを持つフランスより税金の安い、ロンドンとニューヨークでタハンがその顧客に市場を提供出来る事になった。
 アーナルト氏はインターネットアート会社数社に膨大な資金投資をして、彼が買収したオークションハウスの廉価な作品を売買する事を提供出来るようにもなった。
 タハンは年間約150回オークションを開き、印象派から漫画までを扱い1999年の売り上げは約72百万ドルと報告されている。 またフィリップスは年間800回オークションを持ち、その売り上げは224百万ドルと報告されている。
 その上に、フィリップスは American Craft Museum (アメリカ工芸美術館)を賃貸し、このロケーションは昨年クリスティーズが移ったばかりのロックフェラーセンターのすぐ側であり、5月に行われるオークションの広告キャンペーンは "オークションにはもう一つの方法が出来ました" と高らかにうたっている。


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.