• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ミュージアムマイルフェスティバル

25th Annual Museum Mile Festival

6/10, 2003、6:00 ~9:00pm

5th アヴェニュー(82~104丁目間)

 

フェスティバル開会式。ニューヨーク市美術館前にて。(103丁目)

photo © S. Yoshida

                        マンハッタンの5thアヴェニュー沿い、82丁目から104丁目までの約1マイル(1.6キロ)の通りが、”美術館マイル(Museum Mile)”と呼ばれるのをご存じだろうか。この名称、単なるニックネームではなく、ニューヨーク市が正式に命名したもので、標識にもちゃんと記されている。それもそのはず、メトロポリタン美術館、グッゲンハイムをはじめ、ジューイッシュ美術館など数々の美館館が軒を並べる通りであるからだ。

バリオ美術館前、子供達が通りいっぱいにアートを繰り広げた。(104丁目)
photo
© S. Yoshida

                        6月10日、午後6時から9時、この区間が歩行者天国となり、その並びにある9館の美術館がいっせいに無料公開した。これは、ミュージアム・マイル・フェスティバルと呼ばれるニューヨークの初夏のアートイベントで、1978年に開催され、今年25周年を迎えた。今回、イベントのホスト美術館となったのは、92丁目にあるニューヨーク市美術館。初回開催時市長を努めていたエド・コッチ氏も登場した開会式には、報道陣や美術館開館を待つ人々がつめかけた。

バリオ美術館で。自身の展覧会で訪れた観客に気さくにサインをする、80歳のラファエル・タフィーノ。
photo © S. Yoshida

4.

街角のチョークドローイングで知られる、ストリートアーティスト、ジャームス・デラ・ベガ。マイル間をドローイングマラソン。
photo
© S. Yoshida

                        入館料無料のため、じつはどこもかなりの混雑。長い長い列ができる美術館も。しかし屋外では大道芸やミュージックバンドがイベントを盛り上げ、マイル間をゆったり歩くだけでも楽しめる。例えば、グッゲンハイム前にはジャズバンド、ジューイッシュ美術館前にはクレツマーバンド、そして再北端、104丁目のバリオ美術館(El Museo del Barrio)前では、会期中のプエルトリカン・アメリカンの80歳になる画家ラファエル・タフィーノの回顧展に合わせ、プエルトリカンバンドが公演するなど。音楽に合わせ踊る親子の姿も見られた。チョークで、通りいっぱいに落書きできる一隔もあり、初夏の夕刻のひととき、参加者には、大人も子供も見るだけではなく自由に参加・体験できるアートイベントとなったようだ。

Yoko Yamazaki)

通りがキャンバスに早変わり。
photo © S. Yoshida

ミュージックバンド、ロスプレネロス・ドウラ21。
photo © S. Yoshida

ヘブンリー・レスト教会前(90丁目の)では、ハンドベルミュージックが演奏された。
photo © S. Yoshida

バリオ美術館で。ガテマラ産のおがくずによるストリートペインティング。
photo © S. Yoshida

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.