• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ニューヨーク ホット ニュース

 

 日本ではチャーリー・ブラウン、スヌーピーで良く知られているコミック(ピーナッツ)作家Charles・M・Schulz(チャールズ・M・シュルツ)77歳が2月12日結腸ガンで亡くなりました。

世界中で355億人が彼のコミックを見ており、日曜版の最後のコミックが出る数時間前に劇的に亡くなった。

約半世紀にわたり、しかもここ10数年手の震えにもかかわらずコミックを描き続けた作家も類をみない。

彼は11月に腹開手術を行い結腸ガンと診断された時に筆を置いた。彼の最後の毎日連載コミックは1月3日に描かれ、13日が最後の日曜版掲載となった。

彼はそのコミック(ピーナッツ)の中で「チャーリー・ブラウン、スヌーピー、リナス、ルーシー…私は君たちをどうして忘れられようか」とサイン入りでお別れを書き、夫人ジーイニーは「彼は自分のしたい事を全てしました」と言った。

 “ピーナッツ”は毎日75ケ国、2、600の新聞、21ケ国語に訳され、シュルツ氏は年収約31億円から42億円の収入があったといわれている。

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.