• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

In New York / ArtExpo / Armory Show 2003

 

3月に開催された三つのアート・フェアを比較する。

 

ArtExpoは2月最後の週末から3月に掛けて開かれた。所謂コマーシャルアートを扱うこのアートフェアは個人のアーティスト、またはプリント出版社が中心だ。広大な展示会場に3m四方から5m、10m位までのスペースをあてがわれた出展者達が並ぶ。全く様々な作品が並ぶのでカラフルで纏まりがなく、目が回る。来客はそれぞれ自分の家に飾れる作品を探しに来る。インテリアデザイナー、オフィスなどに飾る作品の担当者なども来る。値段が$100前後のものからあり、ショッピング気分で来る人が多いのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

In New Yorkは今年初めて開催されたアートフェア。現代アートに焦点を当てた。参加ギャラリーは世界中から。しかし反応はいまいち、参加ギャラリーも来訪者の少なさにがっかりしていた。注目したギャラリーはミラノのMarella Arte ContemporaneaScopeにも参加したギャラリーで、オーリー・コーガン(Orly Cogan)他、スティーブ・マムフォード(Steve Mumford)、トムバークナー(Tom Birkner)、リー・ウェイ(Li Wei)、ワング・チンソング(Wang Qingsong)などの作家を紹介した。

 

 

 

Armory Showはウェスト・エンドの軍用倉庫2棟を使用して開催される大規模な現代アート展。今年は5年目だ。世界中の有名無名175の現代アートギャラリー、1800以上のアーティストが紹介された。In New Yorkアートフェアと比較すると展示作品の質は変わらないが、規模が遥かに上回る。

ホイットニー美術館ビエンナーレにも参加したロキシー・ペイン(Roxy Pain)は小さなスペースを独占し、ドリップ・ペインティングなどを発表。ブルックリンを拠点とする非営利キューレトリアル・マガジンCabinetも参加、リモートコントロールで作動するビデオカメラ付き飛行船で見物客を見下ろし観客を撮影。以前new-york-artで取り上げたエリオ・オイティカ(Helio Oitica)を扱うブラジル、サオ・パウロのGaleria Fortes Vilacaも参加していた。

 

秀島

 

Orly Cogan

 

 

 

 

Orly Cogan

 

 

 

Li Wei

 

 

Wang Qingsong

 

 

Wang Qingsong

 

 

Wang Qingsong

 

 

staff

 

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.