• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

The Armory Show

2/23−26、2007

Pier 94, New York City

 

現代美術の国際アートフェアー、アーモリーショーが今年もニューヨークで開催された。過去数年、会場は二つに分かれていたが、今年は94埠頭の敷地一体に 一つ屋根のもと 全てのギャラリーブースが 一堂に会した。参加ギャラリーは昨年よりわずかに少ない150(昨年度は154)だが、それでもそれぞれのブースはやや拡張されているといい、規模としては例年と変わらない印象を受けた。 カフェやレストランのブースも充実させ、経済効果を見込んだ 一大アート・イベントのオープニングにはブルンバーグ市長も駆けつけエールを送った。


Photo© Y. Yamazaki

プレス公開 

右よりADAA代表取締:ロナルド・アウグスティン、ニューヨーク市長:ブルンバーグ
アーモリー・ショー・ディレクター:カテリーネ・デ・バッカー、モマ・ディレクター:グレン・ローリー(敬称略)




ギャラリー内訳は約半数がヨーロッパから。40%はアメリカ国内でその7割以上がニューヨークから。日本をはじめとするアジアからの参加は5%を記録した。

ルーマニアのトランシルバニアからのPlan B、そして南アフリカ、ケープタウンからのMichael Stevenson Contemporaryなど29のギャラリーが初参加。日本からは、Hiromi Yoshii, Shugoarts (ともに東京)が初参加し、新人アーティストを紹介した。近年中国市場への関心が高まり中国人作家が注目される中、日本人作家の活躍も期待される。



Photo© S. Yoshida

作品の傾向としては、ペインティング、ドローイングが圧倒的で、ビデオ、インスタレーション作品は減少している。しかし、今年のアーモリーショーのカタログやパンフを飾ったピピロッティ・リストの新作ビデオ(Hauser & Wirth Zurich London)は観覧者達の関心を集めていた。



Photo© S. Yoshida

今年は。アメリカ画商協会主催(ADAA)のアート・ショーとも時期を同じくし、動員数の増加が図られた。昨年は、売り上げ記録を更新したというが、今年もその売り上げが気になる所だ。(Yoko Yamazaki)

 

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.