• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

Revolving Door: iscp <-> Asia

Chambers Fine Art

210 Eleventh  Ave, 2nd Fl. NY

8/7~9/6,2003

 

 会場風景 
photo©Y.Yamazaki  

                        ニューヨークをベースにインデペンデント・キュレーターとして活躍する中森康文の企画による展覧会、リボルビングドア展が、この夏チェンバーズ・ファイン・アートギャラリーで行われた。夏の間、ほとんどのギャラリーが閉廊するチェ-ルシ-にあって、数少ない展覧活動となった。

 

ISCPのゲストキュレーターとして企画に携わった中森康文 
photo©Y.Yamazaki  

                        21人の参加アーティスト達は、以前New-York-Art.comでも紹介した、マンハッタンにあるアーティスト、キュレター達のためのインターナショナル・レジデンスプログラム、ISCPにかかわる。うち8人が日本のアーティストだ。他4人が台北、ソウル出身のアーティスト。

 

 ISCP創立者であり、ディレクターのデニス・エリオット
 プログラムについて語ってくれた

photo©Y.Yamazaki

                        現在ISCPにおけるレジデンスアーティストの多数を占めるのが、アジア人作家。中でも日本人アーティストの割合は非常に高い。展覧会タイトルのリボルビングドアとは、回転扉のこと。キュレーターの中森は、ステートメントの中で、世界をアジアとノン・アジアと分類し、その交差点、交流点がISCPであると述べた。

 

 ギャラリー通路の壁面を覆ったハネス・ケイターの作品
photo©Y.Yamazaki  

                        ISCPなど、世界のレジデンスを渡り歩き、様々な文化を体験するアーティストたちが増えている。そうした作家達の作品から見えてくる物は、アーティストたちの原風景なのかそれとも、グローバルな文化だろうか。中森は、文化を交差するという”現象”が見えてくるのでは、と語った。

 会場風景
photo©Y.Yamazaki

 吉田暁子によるインスタレーション
photo©Y.Yamazaki

                        この展覧会では、村上や奈良など、日本のアニメアートが一つのムーブメントのように語られる一方で、異なった個々の日本のアーティストの痕跡がかいま見れた。また、日本のアニメに影響されたと言うアムステルダム出身のセルジュ・オネン(Serge Onnen)のインスタレーションと、クロスカルチャーならぬ、クロスジェンダーを扱ったベルリン出身のビヨルン・メルフス(Bjorn Melhus)のビデオワークも興味深かった。

Yoko Yamazaki)

セルジ・オネン、ドローイングとアニメションによるインスタレーション
photo©Y.Yamazaki  

ビヨルン・メルフス、”魔法の鏡 Das Zauberglas"
photo©Y.Yamazaki

 

Special Thanks to Mr.Dennis Elliott, Mr.Yasufumi Nakamori, and Ms. Mayumi Hayashi.

参加作家

Hannes Kater, Serge Onnen, Yasuyuki Sakura, So-Yoen Choi, Marica Gojevic, Makoto Aida, Tsan Cheng Wu, Hideki Nakazawa, Manu Arregui, Pearl Friedling, Fernando Renes, Bjorn Melhus, Kaoru Motomiya, Yoshiaki Kaihatsu, Hiroshi Kobayashi, Gyoko Yoshida, Satoshi Watanabe, Alexandre Estrela, Airan Kang, Fahrettin Gürkan Örenli, Hung-Chih Peng

 

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.