• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

アート用語―シュールリアリズム

 1924年作家アンドレ・ブルトン(1896年~1966年)がパリ・ダダの大胆な試みであった芸術ムーブメントに対抗して「シュールリアリズム宣言」を発表したのに端を発する。

 元々は、無意識に関するフロイトの理論、機械的行動、偶発や偶然などからヒントを得て、文学運動としてシュールリアリズムを生みだした。

  文学上の実験として様々な形態の自動記述、すなわち意識支配を排除して、しばしば偶然の出会いに頼る記述を試みた。

1924年10月、ブルトンは“シュールリアリズム研究所”を開設しその創刊号「シュールリアリズム革命」にアンドレ・マッソンのオートマティック・ドローイングを掲載した。

マッソンの友人ジュアン・ミロは抽象派シュールリアリストと位置付けられる。後にこの運動に参加したルネ・マグリット、サルバドール・ダリ、イヴ・タンギーは幻想派シュールリアリストに属する。

 シュールリアリズムはキュビズムの論理の力を否定し、その他の方法では表現できない潜在意識の力や混沌とした感情への道を開いた。

 また抽象派シュールリアリズムは、第2次世界大戦前、また、その間にヨーロッパからアメリカへ直接輸入され、アメリカの美術の有様を変え、抽象表現主義を開花させた。

この時期のアメリカのアーティストにとって、シュールリアリズムは実際、キュビズムの揺るぎない支配に対抗する唯一の明白な解決であった。

  シュールリアリズムは、現代生活では、映画やテレビを含めたテクノロジーにより健在であるが、運動そのものはほとんど消えてしまった。


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.