• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

シュルレアリスム Surrealisme



・シュルレアリスムとは


 超現実主義。1924年のアンドレ・ブルトンのシュルレアリスム宣言に始まる芸術運動であり、ダダによる否定と破壊の精神を受け継いで、美術、詩、文学、政治などの広い範囲で、想像力の解放と合理主義への反逆を唱え、人間自体の自由と変革を目指した。美術の代表的な作家にはマックス・エルンスト、ミロ、ダリらがいる。

・ダダからシュルレアリスムへ


 物質文明、合理主義に対して否定的で破壊的であったダダイズムが出口を見出せなくなっていた時、新しい価値観を求めて、ダダイズムを清算し、肯定的な方向を求めてダダから抜け出したダダイストがシュルレアリスムを始めた。その中心人物がアンドレ・ブルトンである。

・シュルレアリスム宣言


 詩人ブルトンによって書かれた三つの宣言書。1924年の「第一宣言」では、「シュルレアリスムとは口頭、記述、その他あらゆる手段で思考の真の過程を表現しようとする純粋な心的オートマティスムである。」と定義している。1930年の「第二宣言」では、政治論争的な文体で内部世界の優位を主張している。1942年の「第三宣言」では、魔術など秘教的な面への関心が強い。付け加えて1969年にはジャン・ジュステルが「第四の歌―宣言の形で―」と題して、ブルトンの死後、運動の解散を意味付けた文章を発表した。

・シュルレアリスムと夢


 シュルレアリスムは、夢を重視することがその根本である。それは夢という無意識の人間の認識作用が行き届かない領域において、現実の合理性では説明できない領域と現実のつながりに別の価値を見出すことによって、現実を組替えることによって人間を解放してゆくことである。このシュルレアリスム革命は、現実を拒否し、物質主義や合理性を破壊するという点でダダの精神を受け継いでいる。またこの時代、フロイトの心理学の影響も大きかった。

・オートマティスム


 夢や幻覚などに表れる、意識下の非合理な領域に入る方法としてオートマティスムが存在した。それはコラージュ(貼り付け)や、フロッタージュ(こすり出し)、デカルコマニー(絵柄による直接転写)などの技法であり、不安なイメージをつくり上げた。


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.