• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

YOKO WORKS - Scores and Instructions

 オノ・ヨーコのインストラクション(行為を示した言葉)による作品は、その実質的な内容とその見せ方において、コンセプチュアル・アートの歴史に批評的な貢献をした。 特に1962年の東京における最初の個展では、自筆のインストラクションが展示された。 その形体は思い浮かんだ最初のアイデアに基づいた形であった。 彼女が想像の行為の焦点をさらに絞っていく中で、彼女の民主的で自由主義的な方向性は、ジョン・ケージや実存主義、禅への関心へとより一層前へ進んでいった。 インストラクションを通したコミュニケーションという彼女の考えは、分け与えられることを意味するものであった。 そして彼女は、他人の解釈を通したその考えの成長を望んだ。 最終的に、想像的な行為を通して他人にでもできるようにすることは、オノ・ヨーコのインストラクションによる芸術の前進を形成している。

LIGHTING PIECE

1955

SOGETU ART CENTER,TOKYO

 ©Japan Society  

program

WORKS OF YOKO ONO

1962

 ©Japan Society  

Invitation/instruction for WATER EVENT

1971

  ©Japan Society

GRAPEFRUIT

1964

Collection of C.V.Starr Library,Japan Societry,New York

 ©Japan Society  

 

PAINTING IN THREE SATANZAS

(SCORE VERSION)

1962

  ©Japan Society  

 

Portrait of Mary: Painting to See the Skies, Yoko Ono, 1931

From the series, Instructions for Paintings, 1961

Collection of Gilbert and Lila Silverman, Detroit

Photo by John Bigelow Taylor

  ©Japan Society

 

Tokuo Noguti 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.