• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

THE WORLDS OF NAM JUN PAIK

 

4.THE TRIUMPH OF NAM JUN PAIK

 ナム・ジュン・パイクの凱旋

 

 TVは映画や絵画よりも環境に溶け込んでいる。実際にTVは今日の環境である。

Paik,1971

 

 芸術とテクノロジーにおける本当の論争は、科学は急速的に発展を遂げている中で、別に科学のおもちゃを作ることではなく、テクノロジーと電子環境をどのように人間的なものにするかということである。進歩はすでにその能力を追い越してしまっている。 ・・・生きた彫刻のための  TVブラ (シャーロット・モーマン) もまた、電子科学や技術の人間化というひとつの具体例である。  人類に最も親しまれている TV をブラジャーとして使うことで、私とモーマンは人類のテクノロジーの利用について論証し、また、無目的に視聴者を刺激するだろう。  しかし私たちは、新しく創造的で人道的なテクノロジーの利用法を探し出すために、視聴者のファンタジーを刺激するのである。

Paik,1969

 

多様的カラーTVシンセサイザーはそのTV画面を形作ることができる。

レオナルドのように正確に

ピカソのように自由に

ルノアールのように色彩豊かに

モンドリアンのように深遠に

ポロックのように激しく

ジャスパ-・ジョーンズのように抒情詩的に

Paik,1969

 

 教育的なTVをどのように教育的でなくさせるか。

Paik,19681970

 

 言語あるいは概念的なもの通したプラトーは、深いものを表現している。

 音あるいは聴覚的なものを通した聖オーガスティンは、深いものを表現している。

 映像あるいは視覚的なものを通したスピノザは、深いものを表現している。

 TVコマーシャルは三つのすべてを兼ね備えている。

Paik,1970

 

 パイクが理想主義者の芸術家であること、芸術のためにより良い世界を理解させることが不可能であるとしてもそれを達成しようとしていることは否定できない。  理想主義者が商業の実用主義社会に負けるとき、奮い立たせるような芸術や芸術家がいかに存在できるかを覚えていることが重要である。  パイクは私たちに人間に内在する精神の限りない資質と、科学やテクノロジーなどの発明をいかに発展させ、いかに芸術を創り見るかを理解しようとする欲望を思い出させる。 パイクは未来の私たちの世界を見、理解するための努力をもって新しいテクノロジーを創造しそれに挑戦した。 これは芸術の基本となる根本的な達成である。 それは安全や私たちの安全な表現、私たちの因習的な世界を撃ち破るためのものである。 人生を高める視野やユーモアを介した破壊活動を通して、パイクは私たちに人生を想像するための新しい道をつくり私たちの主張を楽しんだのである。

Noguchi


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.