• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

パイクと未来

 

パイクは“VENICETURTLESHIPA TRIAL OF MR. PICASSO”の中で、次のような内容を述べている。

 

  私たちビデオ・アーティストは、人生における空っぽな時間を満たしてゆかなければならない。私たちにはやらねばならないことが山ほどある。誰もビデオアートにお金は出さないだろうが・・・。

  私の強い気持は、衛星放送で全世界にビデオアートを放映することにあり、この控えめなアートプログラムは少なくとも2010年から2050年までの間、継続するべきである。・・・毎週金曜日夜8時に。

  問題は手付かずのままである・・・。ビデオアートとは何なのか。

  他の問題・・・。

  おそらく昔起こった社会的革命は、保守産業崩壊の結果として、多くの失業者のためにカムバックするだろう。

 

 哲学者、思想家、革命家としてのパイクは大胆不敵であり、真のアーティストである。

そして、上記のような現実離れした内容が実現されることも、彼の過去から考えれば、決して難しいことではない。彼は常に世界、そして未来を意識して活動している。内容は1993年に書かれたものである。

 

現在の日本には希望がない。

あるのは失望感である。現代美術は常に現在進行形であり、今と未来の問題に対する解答を創り続け、模索している。日本以外の国ならば現実問題として、経済格差、戦争、民族、差別などに常に直面している。物が豊富にある日本に、なぜ絶望感が残って、希望がないのか。希望を勝ち取るための指針の1つがここには示されている。

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.