• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

篠原有司男 ボクシングペインティング 1960年 ネオダダの頃

 

 リヨンビエンナーレ オープニング でボクシングペインティング・パフォーマンスをしたギュウチャン。 

 会場には1960年当時の参考資料として写真作品を展示。 

 パフォーマンスの前に、ギュウチャンと作品と撮影。

 

 

石黒健治氏の作品 「日比谷公園アクション」 と共に。

 

 40年前の 何でもやるぞ! 糞でもくらえ! の精神は、アートとして世界的に認められた今でも全く変っていない。 実際現在でも何にでもチャレンジを続けている。 パフォーマンス・ペインティング・スカルプチュアー(彫刻)の制作・実演ができる現存するアーティストは世界中にギュウチャン以外にいるだろうか。 

 

以下は会場に展示してあったウイリアム・クライン氏撮影の写真を、ギュウチャンが撮ったもの。

ウイリアム・クライン撮影

ウイリアム・クライン撮影

後にネオダダの吉村がいる

ウイリアム・クライン 撮影

 

 

 誰よりも体力はあると自負している筆者より 良く食べ・良く飲む ギュウチャンにはいつも驚かされている。 40年前と体力・精神面、全てにおいて変っていないギュウチャンは 「これからも20~30年は現役だ!」 と68歳にして制作意欲十分。 スーパーマンアーティスト ギュウチャンに 乞う御期待!

Yazaki

      

 尚、現在大分市美術館でネオダダJapan の企画・特集をしているが、ネオダダ写真集「ネオ・ダダ〈断面〉展‐記録写真を中心に‐」に上記写真以外にも多くの写真が掲載されており、当時のネオダダの活動状況が良く理解できる。    大分市美術館 TEL: 097-554-5800

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.