• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ピストル・エアメールオートバイ 2

 

Pistol Airmail Motorcycle 2

1993

31 × 27 × 12 cm

プラスティック板・カラークレー・FRP


ニューヨークの次郎長

 

第59回  大前田の栄五郎親分

 


「けえ、高下駄の、酔うといつも、同じ話だ、こんなうそっぱちの、見え透いた話に、俺たち若い者が乗せられてたまるけえ、来年の春に、福の神が、かもにネギしょわせて、やって来るだと、毎年秋になると、春だ、春だと云って、俺は、5年も、たこ部屋に巣くってるんだぞ。  土鳩(どばと)だって、五年もたちゃあ、かみさんに卵を孵(かえ)させ、子が出来るって云うのに、俺たちは、それ以下じゃねえか、さあ、お前に渡した、俺たちのパスポート、返してくれ」

 

「何を!」

 

 久七は立ち上がろうとしたものの、見廻すと、悪酔し始めた子分は、なめくじの八五郎だけではなかった。 仙太も白駒も、尻安も、女の都子まで、真赤な顔になり、目を細めて久七を睨(にら)み付け、皆、目が据って来ているではないか。 ちぇ、こりゃあまずい。 飲ませ過ぎちまったかな。 

 

 猿が口を挟んだ。 

 

「まあまあ、皆様、かっかしないでおくれよ、グリーンカードが大変なこと、よく知ってるでしょう、本当にもう少しの辛抱、パスポートは全部、弁護士に預けてあるし、今日も電話で大丈夫だと云って来ているんだよ、飲むばかりじゃあなく、お食べよ」

 

「すだれの、その手は喰わねえよ、パスポート取り返すまでは、俺たち働かねえよ、もっと良い弁護士探して、申請し直すんでさ、よう皆な、外で飲み直そうぜ」

 

「くそう、恩知らずめ」

 

「明朝になれば、目が覚めて、ひら謝りだとも、逆に、お恐れながら、と移民局保安官に訴え出てやると脅かすのさ」

 

「しかし、法律が変わって、不正ビザの人間を扱(こき)使った方も、五千ドルの罰金くらうの知らねえのか」

 

「何とかなるよお前さん、高下駄の久七は大物だろう、それより親分、清水一家を懲らしめる、よい方法があるんだってば」

 

 すだれの猿は大年増、さすがに悪知恵にたけている。 厚化粧の下で、目を細め、うれしそうに、彼女の計略を久七に話した。 どうやら狙いは、次郎長一家のマスコット、苺ちゃんらしい。 

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.