• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

グリーン・スパイダーマン

 

 

Green Spider-Man


2001

190×90×150cm


カードボード、プラスティック、タイル

 


 

ニューヨークの次郎長

 

第53回  たこ目、失恋す


 寺田屋を店仕舞いした花子は、若い者二人に、店の残り物で作った料理の大皿を担がせて、宴会に加わったので、一段と活気に満ち満ちて行った。 花子は、今日の昼、店に来た高下駄の久七親分の言付けを次郎長に伝えた。 


「鮫に鬼、二、三人引き連れて、久七親分のところに行って来い、人手が要るらしいんだ」

「これからですか、もう俺たち、いい気持なんですぜ」

「ちょっと、外の空気で冷やして来い、まだ酒はたっぷりあるし、これ全部飲んじまっても、バーは朝の四時まで、俺たちを待ってるぜ」

「それもそうだ、ではちょっくら腹ごなしに出掛けますか、なあ鮫助、それに常滑の敬二と為五郎、お相撲の網ぐらいでいいだろう、来いや」

 五人は、ぞろぞろ、グランドストリートと、ソーホー銀座と呼ばれる、ウエストブロードウェイの角にある骨董屋、金閣寺に向った。 どんな用事かな。 あくどい高下駄の久七と、すだれの猿がたくらむことだ。 

「やばかったら、途中で、放り出し、逃げ出そうぜ、なあ鬼吉さん」

「もちよ、ところで為五郎、お前の履いてる地下足袋どこで手に入れた」

「へえ、日本で植木屋修業を、中学中退でやってました、私は世界一の植木蔵人になりたくて、ニューヨークまで来たんで」

「あんまり張り切るなってことよ、はばかりながら、この敬二は、日本じゃあ、ちっとは顔の売れてるイラスト屋、デザイン屋さんよ、紙と鉛筆よっか重い物、持ったことねえからな、だが今夜は、何か重い物、運ぶんだって」

「久七の野郎は悪玉だ、何をやって銭稼いでんのやら、どうせ、あこぎなことには変りはねえ、羽振りはやけにいいって評判だが」

 頭を、つるつるにそり上げ、すでに一杯きこしめしたのか、真赤な顔、鼻の下にひげを蓄えた、大男の久七は

「やあ、清水一家の、ひと肌脱いで、俺に小一時問も付き合ってくれ、なあに、たいした仕事じゃぁねえ、外のトラックに乗ってくれ、猿、店番たのんだぞ、このソーホー街も、今じゃあ、大変な景気だ、そこを狙って、今ぐれえの時間に、ピストル持って押し入り、売上金を強奪しやがる、俺んちも、日本刀や種子島はいくらでもあるからなあ、構わねえ、ぶっ放してやんな、そうなった時には」

 これも肉付きのよい、色っぽい大年増、久七の情婦、すだれの猿は、清水一家の若い者を、じろっと、いやらしい目付きで、値踏みしている。

「あんたかい、大層売り出しているデザイナー、常滑の敬二と云うお人は」

「あっしゃ、ただの観光流行でして、次郎長親分とこに、一寸(ちょっと)わらじを脱いでるだけで、すぐ日本に帰ります」

 このすだれの猿、久七に劣らぬ、したたか者で、この春の、次郎長復活祭に、金分入の日本酒を、お祝いにと持参、子分全員に注いで廻ったのはよいが、金粉の外に、強力な覚醒剤、LSDたっぷり仕込まれていたからたまらない。 全員十二時間、地獄のトリップに付き合わされる破目にした張本人、一筋縄では行かぬ、ソーホー切っての、古化け猫、敬二がぶるうのも無理がない。 

 金閣寺の、広く薄暗い店の中に、所狭しと並んだ商品は、どれも由緒ある、日本骨董の代り、高下駄の久七考案になる、珍品ばかり。 彼は日本のど田舎の農家の、裏庭、蔵の中から、手当り次第に、買いたたく。 評価の低い、持っていても仕方のない、書画、値打ちの無い、たんす、薬箱から、輿入れのお嫁さんを乗せて来た、箱形の、上に差し渡した棒を前後から担いで運ぶ、例のかごまで二束三文で持ち出し、解体し、船で、この金閣寺の地下室に運び込み、ニスやカシューを塗ったくり、アメタカ人の好みに合せて再生し、現代風骨董品に仕立て直すと、全国に、大量に売りまくっている。 彼の目から見れば、庭の片隅に転がる、折れた、くわ、かま、大八車の車輪から、果ては、ちびた高下駄まで、大切な商品。 大量に集めた、古高下駄のすり切れた歯を切り落し、磨き直し、うるしを塗って、まな板として、すしを乗せたり、パンやチーズを切るまな板として、大もうけをした。 高下駄は、その時に付けられた、あだ名らしい。 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.