• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ピンク・ダイナソナーズ

 

 

The Pink Dinosaurs

 

1979

 

180" x 30" x 15"  

 

カードボード

 

ワシントンスクエア

 

ニューヨークの次郎長

 

第49回  たこ目、失恋す

 刺身、フライ、煮込みの三種類の料理にされちまったえいを、ベニヤ板を、テーブルに釘付けにして作った大テーブル一杯に並べ、酒盛りが始まったところに、親分たち一行も帰って来た。 


「おう、馬鹿に豪勢だな、どうしたんだ今日は」


「へえ、国際男が、お近付きのしるしに、酒を用意したもんで、肴は、桟橋で獲れたやつで」


「親分さん、おしかりを受けるのは覚悟でございますが、いかがでしょう、この三ぴんの仙右衛門を、このロフトに二週間、泊めていただくわけにはまいりませんでしょうか、次郎長一家の人人には、人間の血が、どっぷり流れているみたいに思えます、私ら、宮仕えの長い人間には味わえねえものがあるみていで、何かお云い付けくだされば、この増川仙右衛門、命を張って働く覚悟です、何とぞ、いかがなもんでしょう」


「ああ、構わねえよ、蚕棚に空きがあるだろう、マットレスは道から拾って来な、なるべく奇麗なやつをたのむぜ、こないだも、ダニが出て大騒ぎしたばっかりだからな」


「へえ、私、そこらで安いのを見繕って、買って参りやす、アップタウンのホテルを予約してありましたが、取り止め、代りと云うのもなんですが、浮いたホテル代、食費などを含めて、些少(さしょう)ですが何かの足しにでも」


「会計は鶴吉だ」


「ああ、遠慮なくもらっとくよ、ほう、千ドルとはすげえなあ」


 ベニヤ板テーブルの下は、一升瓶がずらっと揃い、何やかや、男物がすでにしてあり、たこ目が相変らず、かいがいしく立ち働いていた。 


「化け物屋敷の完成祝いとでもしますか」


「そうよ、アメリカさんも、私たちも、今日は大変な記念日なんだからねえ、親分さん」


「独立記念日に化け物記念日か、わっはっは」


「ところで石松さん、お化け屋敷をあそこまでにするには、大変な御苦労があったんでしょう、仙右衛門に聞かせてやっておくんなさい」


「苦労したのは、このたこ目よ! 自分の頭を、カチカチ山にしちまってよ、二ヶ月前の今日みたいないいお天気の日よ、あそこへ下見に出掛けたんだ、何もねえ原っぱに一軒、半分焼けたあばら屋が、最初だった」


 仙さんは、テープレコーダーを、料理のすき間に置き、待ち構えた。 


「小屋の天井と床を張り、夜露がしのげるまでに一週間、その間、俺たちは野宿した」


「野宿って、皆様、女性の方たちもですか」


「そうよ、海岸の砂浜に、シャベルで防空壕を掘ったのよ、一米の深さで、畳六杖ぐらいのやつだ、シートを四隅の木にくくり付け、天井代り、その中で、寝袋で寝たんだ、飯はバーべキューばかり、魚、鶏、ソーセージ、野菜、山岳部のキャンプと思えば、何でもねえよ」


「でもポリスが文句を云うでしょう」


 ここで鶴吉が説明した。 


「ニューヨークには宿無しが、何千人もいるんだぜ、ガード下やビルの間に段ボール箱などを敷いて寝てる、狭いアパートで家族に、いびられるよりもと、外に飛び出したやつもいれば、アル中患者だって大勢いる、冬になると、暖かいフロリダに移住したりで、連中、優雅なもんよ、変ったのじゃあ、芸術家の一人で、一年間、絶対に屋内(おくない)に入らねえ、と願(がん)をかけ、ヌンチャクを懐に、道路に住んでいる、パフォーマンス・アーティストが居るよ」


「砂浜ホテルの最後の日だったっけなあ、たこ目」


「そうよ、あの日は、朝から、すばらしかったのにねえ」


一週間、なたや、チェンソーを振り回し、石松軍団必死の大工のかいあって、曲りなりにも、一軒の、入口にちゃんと、かぎの掛かる建物が出現、床も張れ、大量の黒ペンキが、足掛と外壁全部に、たっぷり塗りたくられ、異様な感じの一軒家になった。 


「わっはっは」


 石松は上機嫌。 

 

「さあ明日から中味だ、おどろ、おどろの化け物を、たくさんこさえるんだ、苺の出番だなあ、怪談本、たくさん持ってるんだろう」


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.