• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

マルガリータを飲もう!

 

 

1981

 

200 x 160  cm

 

アクリル・プラスティック・キャンバス

 

ニューヨークの次郎長

 

第48回  増川の仙右衛門

 寝床でも外さない、朱染めの海軍旗を中心に、左右に芸術維新と大書した鉢巻を、きりりと締め、裸の上半身は、引っかけた一杯が効き、まるで赤鬼、甚平(じんべい)のパンツは、王将、飛車、角、などが染め抜かれ、腹には無論竹光だが、赤ざやの大刀を一本背中側にぶち込んだ姿は、嫌でも仙右衛門たちの目に飛び込んで来た。 石松は、桟橋の手すりに片足を掛け、えい、えい、おう、と掛声もろ共、何かでっかい物を引き上げている。 十重二十重とガキたちが、期待に大目玉をむいて見下していると、ざあーっと海水をまき散らしながら、桟橋に引っばり上げられたものは、日本の掘りごたつ大の鉄製の四つ手網、えさの代りに一米大の鮫が、底にしっかりと、くくり付けてあった。 その引き裂かれた胴や頭の肉片に、ブルークラブと呼ぶ、食用になる大きなカニが、わんさと群がり、食い付いているではないか。 小魚や、得体の知れない海底の生物まで、一緒くたに桟橋の床にぶちまけられると、それっ、とガキ連が、おばさんも交えて、手に持った.バケツに獲物を投げ込む。 五十匹は下らなかった獲物が跡形もなく消えると、石松は、よいしょ、と超大型四つ手網を、ざばーん、と海に投げ込む。 


「はやくあげてよ」


 とせかすガキたちに向い、


「三十分に一度だと云ったぜ」


 ガキは、香港製五百円時計とにらめっこ。 近づくと、五、四、三、二、一、と合唱が起り、石松は、それー、と大げさに四つ手を引きあげる。 


「石松兄い、お初にお目に掛かりやす、手前生国は……」


「分った、分った、それ以上云うなって、この暑いのに長そでジャツ、大きなかばんとカメラを下げて、着いたばっかだな、懐もさぞかし暖けえんだろう、おしりのポケットの財布、盗まれない様に気を付けてろよ、この辺りのガキは、平気でナイフ振り廻すからな」


 云われて見れば、さすがに、すばしこそうな連中だ。 肌の色こそ千差万別、黒、白、黄色とその中間色。 ニューヨーク・ジェッツの、シャツあり、ヤンキースの帽子、背の高いの小太りなのだが全員、無邪気な目付きで、石松の手元を喰い入る様に、目を離さない。 どんなに狂暴でも、ガキはガキだ。 


「よし、時間だ!」


「わあー、何だあれ、見ろ、見ろ」


 手すりから顔を出し、指差して騒ぐ見物人の中を、四つ手の中で、馬鹿でかい生物が、海水をはね散らし、もがき狂っているではないか。 ロングアイランド沿岸につながる大西洋の一部、この辺の海は冷たく、すぐ深くなる。 グレイホワイトシャーク、ジョーズの舞台でもあり、海底には、どんな怪物が潜んでいることやら。 日本のまぐろ船まで集まる、まことに神秘的海底、それだけに人間の期待も、誇大妄想に早変り、さあ怪物の正体やいかに。 金網も裂けよとばかり暴れまくる、やつの正体は、ちょうど座布団大のスティングレーと呼ばれる、獰猛(どうもう)な、えいの一種、尻尾の先に毒針があるはず。 こいつ、よっぽど腹が減ったのか、恨めしそうな目付きで、桟橋狭しと跳ね廻るこいつの背は真黒だが腹側はピンク色、真赤な、ちょうど蚊取線香の箱の大きさの口に、きばがぎざぎざに生え揃い、ぱくばく、何もない空間に向って、激しく上下させ、もがいているではないか。 桟橋は一瞬静まり返り、博打男も、手を休め、この化け物に目を奪われてしまった。 


 石松は背中の刀を抜くと、石突(いしづ)きを、ぐっと化け物の口の中に突っ込み、床に力一杯押した。 そしてポケットから、赤い柄の、大型スイスブレイドナイフを取り出し、ゆっくり刃を開き、ぶすっ、と押えつけた化け物のあごに、いきなり刺し立てた。 


「ヒー」


周囲のため息をよそに、ナイフを上下させながら、ぐるり、とどぎつい牙の並んだあごを切り取り、床に投げ出してしまった。 入歯を抜かれたばあさんの様になったロから、鮮血があふれ出し、それでも必死にもがいている大魚を、


「よし、これで今夜の酒の肴が出来た、記者さんよ、行きますか」


「は、はい、では私がタクシーを止めて参ります」


 苺、梅次、豚熊を従え、四つ手網と獲物の魚をぶら下げて、桟橋を引きあげる石松の背を、大西洋から夕日が照らす。 増川の仙右衛門は、重いかばんを肩に、その前を、イエロータクシーを探しに、駆け出して行った。 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.