• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

竜安寺

Ryouanji


1984


226 x 366  cm

 

アクリル・キャンバス

 

ニューヨークの次郎長

 

第31回  コニーアイランド作戦

 

 

 「止しな、後の祭りってえことよ、反省会したって始まらねえ、とにかく、ここまで来ちまったんだ、前に進むしかねえよ、なあ皆な、そうだろう」


どこから引っ張り出したのか、黒地に紅梅を染め抜いた羽織を引っかけた大政は、なかなかの男前で、たこ目と、お話の真最中。


「あれ、いつからあの二人、出来ちまったんだい」


「たこは純情だからなあ」


「純情な女なんて、この世に居たら、お目に掛かりたいね、ヒートしてやがるんだろ」


「私なんか、ヒートのしっぱなしだよ、苺ちゃん、ああ、力強くて、やさしくて、ロバート・レッドフォードか、ピーター・オトゥールみたいなのと恋愛したいわ、らくだに乗って砂漠をさまよったり、盗城に襲われ、流れ矢にあたって、彼氏の胸に抱かれ、息を引き取るなんて、すてきだと思わない、鮫ちゃん」


「月の砂漠か、その面で」


「ああら、私、まだ化粧、落してなかった」


「そのままの方がお似合だよ、牡丹灯籠には」


「あああ、満腹になりゃあ、次は色気か、薄汚ない動物共だねえ」


「うっふっふ、苺ちゃん処女なんだな、覚えたら大変だよ、良くって良くって、こっちにいらっしゃい、可愛がってあげるから、鮫おじさんは、やさしいんだよ」


「助平な糞鮫、海に帰って、魚でも取って来い、あかんベーだ」


「鮫助、こっちにおいで、今夜、この牡丹灯籠が、よーく可愛がってあげるからね、もう飢えちゃってどうだろう、眼鏡はずり落ちてるわ、しまらないねえ、砂漠のローレンスと大分違うけど、こいつとは、キャナル通りのストリップ小屋からの仲だからねえ、今夜、私のあそこを、よーく拝ましてあげるからね」


「それじゃあ不公平だ、鮫だけいい事しやがって、皆な仲よくここで暮らすんだ、先生、ひいきはよくないですよ、わっしらにもおすそ分けを」


「冗談じゃあないよ、私は慰安婦しに来たんじゃないわよ」


「蚕棚で、毎晩、ごろごろにゃんにゃんされたんじゃあ、まわりの子分共もたまらねえ、ここは姉さん、一肌脱いでやっちゃあくれめえか」


「そう親分に云われちゃあ私だって、そうねえ、四、五人ぐらいまでなら、何とか」


「よーし決った、そうだいいことがある、梅次、お前テント持ってたろう、あいつ貸せ、ついでに寝袋もだ、こいつ持ってって、屋上の隅におっ立てろ」


 こうなると男は、行動が素早い。


「早くしろ」


「天幕の組立て方知らねえのか」


「ええい、めんど臭え、俺は寝袋だけでいいよ」


「雨が降ったらどうするんだ、それに周囲のピルから望遠鏡でのぞくやつがいるかもよ」


「うふふふふ、うれしい親分だねえ」


「ああ、夢みてえだ」


「金、取られたりして」


「それやったら、お手手が、後に廻るぜ、犯罪になっちまうんだ」


「どんな」


「売春だよ、あほう、何も知らねえな。」


「あああ、全く見てられないねえ、これじゃあ全く、アニマルハウスもいいとこね、さあ、私は絵を描かしてもらいますよっと、誰も邪魔しないでよ、こんな連中と付き合ってたら、いつまでたっても、うだつがあがりゃあしない、私はどんどん先に行かしてもらいますよ、ねえ鶴吉さん、紙とペンか何か持ってない、私、何も無いのよ、後で描いた絵売って来て返すから」


「金づちや釘ならあるけど、白い紙か、蚕棚のやつに借りとけよ」


「不潔だからね、あいつら、付き合いたくないんだけど、まあいいや、鬼吉さん、あんたのスケッチブック、貸してよ」


「ああいいとも、全部、苺ちゃんにやるよ、ほら、水彩絵具だけど、それにコンテ、ペン、筆、皆なやるよ」

 



Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.