• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

鮫とイチゴアイスクリーム


1987


150 x 200  cm

 

フェルトペン・インク・プラスティック・紙

 

ニューヨークの次郎長

 

第29回  コニーアイランド作戦

 

 

 グリーンストリート、五百番地、次郎長一家のロフトの前に、ダークグリーンに塗った、戦車の様な格好の、ごつごつと頑丈な、でかい清掃トラックが横づけになり、運転台はからっぽ、ロフトのドアーも開けっ放しになっていた。


「誰か来たな、鶴」


「ガリレオ一家です、トラックの横っ腹に、GALILEO、と黄色で書いてあるでしょう」


 三階の入口に突っ立っていた、長いナイフを腰にぶら下げた、帽子をあみだにかぶった、ジャマイカ風黒人が、石松を、じろじろ見た。 ジョー・ガリレオは弟のサムとカローネを従えくわえ葉巻で、ロフトをくまなく点検していたが、蚕柵ベッドを見ると、例の日本語で、いち、に、さん、し、と数え始めた。


「石、やつが、ここの大家だよ」


「チャイナが済んだら、今度は大家とけんかですね」


「馬鹿、やつらは本場もんのやくざだ、空脅かしは通じねえ、何があったか、まずよく聞け,鶴」


「次郎長さん、家賃が、二カ月たまってます、月の一日から五日までに払う約束、でないと,このロフトを閉鎖しますよ、外から、カギをかけ、板を打ち付けちまって、中の、人も、犬も、猫も、全部死んでも開けませんよ、今、すぐ払いなさい」


「あ、いけねえ、家賃のことなんて、てんで頭に無かった」


「私、お金持ってるわ」


 たこ目が現金で二カ月分、千ドル、ボストンバッグの底から、つかみ出すと、にやっと、ジョーは笑って、たこ目を眺めていたが、ちょっと話がある、と切り出した。

 
「すごく良い仕事があるんだ、海岸で働かないか、金はたくさん払う、いや、半年分家賃をただにする、どうだ次郎長、いち、に、さん、し、皆な、全員でやるんだ」

 

 英語の達者な鶴が、


「ジョー、今それどころじゃあねえ、チャイナタウンのギャンブル場で,トラブルをおこしたんだ、やつらは怒っている、今日にも、トーピードー(命知らずの若者)が突っ込んで来そうなんだ、そしたら、このビルは血の海よ」


「OK、まかしておけ」


 二ヶ所に電話しただけだった。 ジョーは笑いながら戻ってきて、


「ノーモアトラブル、これで次郎長に貸しができたぞ、さあ俺の仕事を手伝うんだ」


 鶴はきょとんとして、口ごもったが、ジョーは手で制し、仕事の話を三十分して、にこにこして帰って行った。 さてその仕事とは。

 
「今夜は石松の歓迎会、すき焼でも、たらふく喰おうじゃねえか」


 たこ目は、ちびのくせに、よく動き、皆なの給仕に、まめまめしく働いていた。 肉、ねぎも買出しから、何とか、人間の口に入れるまで、料理と名のつく格好に整えなければ、いくら山賊の住処だと云っても、立ったまま、手づかみで、口にほうり込むわけにも行かず、だと云って、紙皿、紙コップ、プラスチックのホーク、ナイフじゃあ興ざめるだろう。 安物だろうと、なべ、皿が台所で、がちゃがちゃ立てる音を聞くのが、やはり日本人と云うもの、心が自然に和み、落ち着いて来るではないか。 しよう油、砂糖、味りん、米酢、カリフォルニヤ製の上米、ねぎ、しゅんぎく、缶詰だが白たき、それに、地元製生うどんまで揃え、すき焼パーティーが始まった。


「すき焼なら俺にまかせろ、親父譲りの江戸前風でやるからな、文句のあるやつは、前に出ろ」


「石さん、大丈夫、ここアメリカよ、そう突っ張らないで、気軽に気軽に」


「そう云えば、このねぎ、やけに細えな、にらみたいだ、もっと、ぶっといねぎ、ねえのかよ、まあいいや」

 

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.