• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

わ!大魚が釣れた!

Big Fish

1999

66 × 88 cm

 

ニューヨークの次郎長

第9回

 

追い出されて、泣き寝入りさ」

「恐ろしい話ですねえ」

「アラブの金持絵描きが、二十五万ドルで買って住んでるよ」

「汚ねえことをしやがる、これから行く、常吉さんとこの大家も、そんなやつで」

「まあ、会って見な」

 戦車のように馬鹿でかい、ごみ専門のトラックが三台、半分タイヤを歩道に乗り上げ、駐車中、あたりは、紙くずが、傍若無人にとびかっている。 積荷の際、こぼれたんだろう。 清掃と云う感覚は、この街にはねえのかなあ。 突っかい棒しなければ、いまにも崩れて来そうで、恐くて入れないような、ボロ中のボロ、三階建レンガビルの入口が、ぽかっと真黒な大口を開け、しんと静まり、人の気配がない、春の陽気に、皆、買物や散歩に浮かれてるって云うのに、この通りだけは、死んでる様だ。 常吉は慣れた足取りで、ずんずん進み、暗闇の奥に向って、

「オフィス」

と怒鳴った。

OK

の返事に、右横の、ガタビシの木造階段を昇った。 異様な臭気と、階段両脇に、DDT(殺虫剤)らしい白い粉が撒いてある。

 「ノミでも出るのかい」

 「ダニ、だよ、春到来と共に、ビル全体に、ダニが大量発生、天井からも、ボタボタ落ちるんだ、大家はゴミ屋なんだよ、印刷所で裁断した余り紙をトラックで集めて廻り、再生工場でチリ紙にする仕事、それに本物のギャベッジも集め、ゴミの島に運ぶんだ」

  ニューヨークシティーの清掃車は、ギャベッジ缶やビニール袋に入った小物だけしかもってかない。 それで、レストランや町工場、大工から出た古家具、冷蔵庫、チャイニーズの縫物工場の大量の布切れ、レストランの臭いゴミは、プライべ-ト清掃車にたのむことになる。 レストランが開店すると、キャディラックに乗ったアンチャンがすぐやって来て、

「お前んとこのギャベッジは、俺のなわ張りだから、月月これだけ金を払え」

と来る。 もし断われば、営業中に、でかい石が、窓破って、客の頭に向って投げ込まれることになるから、店は、云うなりに払う。 ニューヨークじゅう、きちっとなわばりが、決められ、絶対に、よそ者は手を出せない。

「ギャング映画で、知ってるだろう、マの字だよ」

「マの字ってえのは」

「シシリー島から、百年前にアメリカに渡ってきた、イタリア人のファミリー、通称、マフィヤ、と呼ぶんだ、うちの大家は、ガンビーノ系で、ガリレオ一家、ジョー、サム、カローネの三兄弟が中心で、ごたごたが起ると、ジョーの一声で、ボーイと呼ぶ若い者がとんで来て、払いが溜まれば脅かし、それでも、ごねるやつは、家財道具ごと、道路に、おっぽり出されるのよ」

「へえ-、でもこんなあばら屋に、三兄弟、住んでいるんですか」

「馬鹿、ここはオフィスで、月から金まで働く、やつらは皆、ブルックリンの一等地、海の見えるピカピカの本宅で、カアチャン、子供、オバアチャンと、なごやかにやってるよ」

 ガタビシの木のドアーを押すと、Tシャツに両手を突込み、ぼりぼり引っかいているやつがいる。 カローネだ。 兄弟とはいえ、まだ三下扱いで、ゴミトラックで、近所のギャべッジ回収をさせられている。 葉巻の煙が、もうもう立込める狭く細長い三つ続きの部屋の奥から、

「常、カモーン」

とジョーが呼んだ。

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.