• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

The J Paul Getty Museum

    J.ポゥル・ゲッティ美術館

 

展覧会名   Sigmund Freud: Conflict and Culture

       シグムンド・フロイト:矛盾と文化展

会期     4月4日  7月25日 2000年

 

Skirball Cultural Center (スカーボール カルチャー センター)での国際巡回展は今世紀最も注目すべきで影響力のあるアーティストの1人である、シグムンド・フロイトの人生と作品を探求する。 シグムンド・フロイト:矛盾と文化展はフロイトの鍵となるアイデアを強調し、いかに彼自身の考え-アイデンティティ、記憶、少年時代、抑圧と性欲- が彼の作品とのかかわりにおいて形成されたかを解き明かす。 同展は大きく3部門からなっており、

“セクション1:形成期”

は19世紀後期のウイーンのフロイトの初期プロフェッショナル(職業的)な発展環境に始まる。

“セクション2:個人:セラピー(治療)と理論”

は精神分析的観念と、フロイトが最も有名なケースの幾つかにいかにそれを利用したかの鍵を調査する。

“セクシヨン3:個人から社会へ”

精神分析的アイデアの普及、社会の起源についてのフロイトの思索、宗教とアートの社会的機能、そしていかに危機が人間性の根本的様相をあらわすかに焦点をあてる。 

同展を通じて、言葉とイメージ -しばしば論争的、ときどきユーモアに富む- が20世紀でのフロイトのアイデアが衝撃をあたえたかを立証する。 古くなった写真、版画、写本がフロイトのホームムービー、書斎と診察室からのオブジェと同時に展示される。 同展はウイーンのシグムンド・フロイト美術館とロンドンのフロイト美術館が国会図書館と協力して組織された。


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.