• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

National Gallery of Art, Washington

(ワシントン国立美術館)


住所 Fourth Street at Constitution Abenue, N.W., Washington, D.C.

電話  (202) 737-4215

URL http://www.nga.gov

月~土 10:00A.M.5:00P.M.

日    11:00A.M.6:00P.M.

入場料 無料


展覧会名   The Impessionsits at Argenteuil

       アルジャントゥーユの印象派たち

期間     5月28日 ~ 8月20日 2000年

この展覧会は個人コレクションであり、門外不出の作品を含んだ50点以上の絵画を一堂に展示する。 

同展は印象派の運動を地方の小さい町のアルジャントゥーユでの発展を検証するものである。 また同展は クロード・モネのキャンヴァス(絵画)を特に強調し、彼はアルジャントゥーユの住人でもありこのグループの1番注目されたアーティストになり、彼の仲間の作品には、カラフルで 人を呼び覚ますアヴァンギャルドな作品も展示されている。 その作家には、ユージン・ブーディン、グスタヴ・カイエボテ、エドワード・マネ、オゥガステ・ルノワール、アルフレッド・シシリーがいた。 

1870年代に、これらの多大な影響をあたえた6人のアーティストたちは野外で、隣同志でアルジェントゥーユ周辺の風景を描いた。 彼らの革新的な絵画はアルジャントゥーユと同意語のスタイルとして後に印象派として知られるようになり、荒々しいふで使いと光と色とを識別した様式として名づけられた。

同美術館のディレクター アール・パウエルは

「この展覧会は目もくらむような、リリカルな絵画がアルジャントゥーユに対する印象派の答えを反映し、同様のモティーフと主題を学び、展示する事により発展した複雑なダイアローグ(問答)でもあった」

と述べた。

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.