• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

Japan Society

ジャパン・ソサエティ


住所 333 East 47th Street (1丁目番街と2丁目番街の間), NYC

電話  (212) 832-1155

URL  http://www.jpnsoc.org

火~日 11:00A.M.6:00P.M.

月 休館

入場料 任意


展覧会名 YES YOKO ONO

    ©Japan Society

オノ・ヨーコ 小野洋子特集

 

 

            オノ・ヨーコ (小野洋子) 米国初回顧展

会期   2000年10月18日~2001年1月14日

 この展覧会は1960年代から現在までの代表作約127点を展示。 同展はジャパンソサエティ・ギャラリー、ウオーカー。アートセンター(ミネアポリス)、ヒューストン現代美術館、MIT-LISTヴィジュアルアーツセンター(ケンブリッジ)、サンフランシスコ近代美術館、等全米主要美術館を2002年まで巡回する。

 

 

 

オープニング会場にて

バックは元ビートルズメンバー ジョンレノンとのコラボレート作品の

WAR IS OVER ! IF YOU WANT IT

Yoko Ono and John Lennon , 1969

 

PLAY IT BY TRUST 

 1997

Wood Table and Chairs , Wood Chess Set

 

 

 

 1960年代始めにニューヨークを中心に展開されたアバンギャルド・ムーブメント、「フルクサス」と オノ・ヨーコ との密接な関係をさぐります。 ジョン・レノンとの共同作業を含め、ニューヨーク、ロンドン、東京のコンセプチャル・アート、コンサート、実験映画、パブリック・アートなどを通じて、オノ・ヨーコはフルクサス活動で重要な役割を果たしています。 代表的なアーティストとのコラボレーションにはジョン・ケージ、ナム・ジュン・パイク、アンデイ・ウオーホール、オーネット・コールマンらがいて、彼らの作品も紹介します。

 

 

    Ceiling Painting (YES Painting), Yoko Ono, 1966

Text on paper, glass, metal frame, metal chain, painting ladder

Collection of the artist

Photo by Oded Lobl

©Japan Society

 


 1959年よりニューヨークでフルクサス活動を開始、コンサートを継続的に行い、1962年日本に帰国、東京のアバンギャルドアーティストとして活躍後、1965年にロンドンへ移り、1966年に「Ceiling Painting」を含む個展をインデカギャラリーで開催。 1969年にジョン・レノンと結婚「Unfinished Music for Two Virgins」《二人のヴァージンのための未完成音楽》、「ウェデイング・アルバム」(1969年)、「ダブルファンタジー」(1980年)等、アバンギャルドとロックを結び付けるような音楽活動をレノンと精力的に行い、二人でベッドで過ごした「Bedins for Peace」やビルボードを使った「War Is Over! If You Want It」などの平和キャンペーンは、二人の歴史に残る共同プロジェクトと評されています。

 1980年代後半から作品発表を再開し、ヨーロッパ、日本、アメリカ、オーストラリアなど世界各地で活躍、現在に至る。


 又同展は「GRAPEFRUIT:初期のインストラクション」、「HALF-A-WIND:初期のオブジェ」、「FLY:イベント、パフォーマンス、映画」、「WAR IS OVER:平和キャンペーン他ジョン・レノンとのコラボレーション」、「PLAY IT BY TRUST:最近作」の5つのセクションに別けて展示される。
  
藤尾論秀

小野洋子 会場で

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.