• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

JACKSON POLLOCK WORKS ON PAPER

No Limits, Just Edges: Jackson Pollock Painting on Paper

Solomon R. Guggenheim Museum, 

1071 Fifth Avenue, New York City

May 26 – September 29, 2006

 


Jackson Pollock
Untitled, 
ca. 1939–40. 
Colored pencils on paper, 
15 x 11 inches (38.1 x 27.9 cm). 
Collection of Robert Aichele. © 2006 Pollock-Krasner Foundation/Artists Rights Society (ARS), New York.

本展は、ニューヨーク・グッケンハイムの企画によるもので、ペーギー・グッケンハイム・イン・ベニス、ドイツ・グッケンハイムでの展覧会を終えて、ニューヨークに巡回したジャクソン•ポロック (1912−1956) のドローイング展。

ポロックはその短い生涯のなかで、約700点のドローイングを制作した。本展は3つのスケッチブックを含む、70点近い作品で構成され、具象的イメージから抽象に至るポロックの、生涯にわたるドローイング作品の変遷を検証するものである。

Jackson Pollock
Untitled, 
1943. 
Gouache on paper, 
22 7/8 x 28 7/8 inches (58.1 x 73.3 cm). 
The Menil Collection, Houston. © 2006 Pollock-Krasner Foundation/Artists Rights Society (ARS), New York.

1943年, ポロックはデイライト・ギャラリー(ペギー・グッケンハイムのアート・オブ・ディス・センチュリー)での最初の個展 でペインティングにくわえて、ドローイングを展示している。大きなペインティングに比べて、小さいドローイングが売りやすいという理由だけではなく、ポロックが、ドローイングをペインティングと同様に重要なものとして位置づけていたからだと伝えられている。

Jackson Pollock
Number 4, 
1948: Gray and Red, 1948. Enamel on paper,
 22 5/8 x 30 7/8 inches. 
Frederick R. Weisman Foundation, Los Angeles. ©2006 Pollock-Krasner Foundation/Artists Rights Society (ARS), New York.

ポロックのドローイングはそのスタイルから、大きく4つに分けられる。一つは、およそ1935年から1941年にかけて描かれたもので、具象的で、心理的、空想的なドローイング。ポロックの死後に公開され物議をかもした、アルコール中毒の治療のために描いたドローイングを含む。二つ目のグループは、1942年から1947年、シュールレアリズムの影響を受けて、具象的ではあるが、抽象的な空間も意識させるドローイング。 三つ目は、1947年後半から1950年、伝統的な描写法や主題から解放され、最も抽象的な空間を、ドリッピング、ポーリング、スプラッティングによって展開させたドローイング。最後のグループは、ポーリング技術の熟達期。特徴として、カリグラフィックなフォームが目立つ。ちなみに、1956年に死亡するまでの約4年間は、ほとんどドローイングもしなかったし、ペインティングも残していない。

Jackson Pollock
Untitled (Green Silver), 
ca. 1949. 
Enamel and aluminum paint on paper mounted on canvas, 
22 3/4 x 30 3/4 inches. 
Solomon R. Guggenheim Museum, New York. Gift, Sylvia and Joseph Slifka. 2004.63. 
Photo: David Heald, 
© 2006 Pollock-Krasner Foundation/Artists Rights Society (ARS), New York.

これら4つの区分けは、ポロックのペインティングの発展過程と軌を一にした展開である。ポロックのドローイングは、ペインティングに平行しておこなわれたが、ペインティングのためのドローイングではなく、いわばドローイングのためのドローイング、独自のメディウムとして扱われた感があり、ペインティングがドローイングに、またドローイングがペインティングに影響を与える関係だったといえるかもしれない。

Jackson Pollock
Untitled, 
1951. 
Black and colored ink on Japanese paper, 
25 x 38 3/4 inches (63.5 x 99.4 cm). 
The Museum of Modern Art, New York. Gift of Lee Krasner in memory of Jackson Pollock. 
Photo: Digital Image, 
the Museum of Modern Art/Licensed by SCALA/Art Resource, N.Y. © 2006 Pollock-Krasner Foundation/Artists Rights Society (ARS), New York.

ドローイングのマテリアルは、鉛筆、インク、水彩、ガッシュ、エナメル、コラージュ等。使用した紙も様々。下地の作り方も多岐にわたり、支持体へのこだわりにはただならぬものを感じる。 和紙や生乾きのジェッソの上に描いたポーリングによる線の滲みは、One: Number 31(1950)にみられるようなローキャンバス上の滲んだ線を想起させる。マテリアルと支持体との一体化、面を構成する線の集積、カットアウト等、ドローイングとペインティングとの関連性が随所にみられる。マッチョなイメージが一人歩きした感のあるポロックであるが、これらのドローイングが、繊細さに裏打ちされた、好奇心に満ちた知的で実験的な試みであったことに間違はないであろう。_S. Yoshida

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.