• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

The Frick Collection

フリック・コレクシヨン


住所  East 70th Street t  Fifth Avenue

電話  (212) 288―0700

URL  http://www.frick.org

~   10A.M.~6P.M.

        1P.M.~ 6P.M.

        休館

入場料    7ドル


 

展覧会


 

The Frick Collection

Jean-Étienne Liotard (1702–1789)

Liotard Laughing, c. 1770

Oil on canvas

84 x 74 cm (33 1/16 x 29 1/8 in.)

Musées d’Art et d’Histoire, Département des Beaux-Arts

Photo: Bettina Jacot-Descombes

フリック・コレクション

Hans Memling

Portrait of a Man with a Coin of the Emperor Nero (Bernardo Bembo)

c.1473-4

Panel, 31 x 23.2 cm

Antwerp, Koninklijk Museum voor Schone Kunsten, inv.5

フリック・コレクション

Jacques Stella
Olympia Deserted by Bireno, 
1633
©Paris, Ecole nationale superieure des beaux-arts

フリック・コレクション

Greuze the Draftsman

Head of an Old Man, 

Study for “A Marriage Contract,”

 1761

Private collection, New York

 

  下記の写真はスライドとしてフリック コレクションより借用したものです。

展覧会名  Watteau and His World: French Drawing from 1700 to 1750

          (ワトー そして 彼の世界)

FRENCH DRAWING FROM 1700 TO 1750

October 20, 1999 - January 9, 2000

 

 

 

Artist: Antoine Watteau (1684-1721)

Title:   Landscape, after Domenico Campagnola

Date;    ca.  1715-16

Photo: ©1999 The American federation of Arts

 

 

Artist: Antoine Watteau (1684-1721)

Title:   A Seated Woman Turning to the Left

Date;    ca.  1717

Photo: ©1999 The American federation of Arts

 

artist: Diego Rodriguez de Silva y Velazpuez (Spanish, 15599-1660)

Title: King Philip IV of _Spain

Date: 1644

Photo: ©1999 The American Federation of Arts

 

会期  1999年 10月20日 ~ 2000年1月9日

 

アントン・ワトー(1684年~1721年)は18世紀最つとも偉大な描き手の1人である。この展覧会は同時代のアーテイスト、13人のドローイング65点も展示されており、その内の35点がワトーの作品である。

 たつた36歳で亡くなつたのであるが、その時までに成功し、名声も得、将来を嘱望されていたアーテイストであつた。誤解を恐れずに書くなら、ある意味で最つともフランス的な美の基礎、エロチシズム、コケテイツシュを確立したアーテイストのように観た。

  この美術館は、鉄鋼王カーネギーの右腕だつたヘンリー・クレイ・フリツク(1849年~1919年)の邸宅を、彼の死後、1935年に一般公開した。ルネツサンスから19世紀(当然印象派を含む)、世界でも有数のコレクシヨンを誇るものである。日本では余り知られてないが、其々のアーテイストの粒よりの最高傑作が集められている。必見の美術館であり、その建物も当時の富豪なアメリカ人が、どの様な生活をしていたかを知らしめられる。

 

展覧会名     Vlazquez in New York Museums

            (ニユーヨークの美術館所蔵による“ベラスケス”)

会期         1999年11月16日 ~  2000年1月16日

 

 

ARTIST: Diego Rodriguez de Silva y elazquez (Spanish, 1599 - 1660)

Title: King Philip IV of Spain

Date: ca, 1644

Photo: ©The Frick collection, New York

 

ARTIST: Diego Rodriguez de Silva y elazquez (Spanish, 1599 - 1660)

Title: Camillo Astalli, Known as Cardinal Pamphili

Date: ca,  1650

Photo: Courtesy of The Hispanic Society of America

ARTIST: Diego Rodriguez de Silva y elazquez (Spanish, 1599 - 1660)

Title: Juan de Pareja

Date: ca,  1650

Photo: ©1981 The Metropolitan Museum of Art

ARTIST: Diego Rodriguez de Silva y elazquez (Spanish, 1599 - 1660)

Title: Maria Teresa, Infanta of Spain

Photo:Malcolm Naron ©1989 The Metropolitan Museum of Art

 

デイエゴ・ロドリゲス・デ・シルヴァ ベラスケス(1599年~1660年)生誕

400年を祝して、フリツク・コレクシヨンではニユーヨークにある美術館所蔵の6枚のスペインの巨匠による肖像画を1同に会して初めて展示する。それらの作品3点はアメリカ・スペイン協会からの貸し出しで、「ガスパー・デ・グズマン」、「オリヴァレス伯爵」、「少女の肖像画」、メトロポリタン美術館からは「カミーヨ・アスタリ」(通称パンフィリ枢機卿として知られている)、「フアン・デ・パレハ」と「スペインの幼女マリア・テレサ」。フリツクのコレクシヨンである「スペイン王フィリツプⅣ世」。この展覧会はフリツク・コレクシヨンとアメリカ・スペイン協会との共同企画であり、生涯にわたる巨匠ベラスケスの作品のヴァラエテイと力強さを展示するものである。

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.