• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

マニュファクチャード・ランドスケープ

Manufactured Landscapes: The Photographers of Edward Burtynsky

10/7−1/15,2006

ブルックリン美術館

Brooklyn Museum

 

Burtynsky, Edward

Rock of Ages #4

Abandoned Section

Adam-Pirie Quarry, Barre, Vermont

88.9 x 71.1 cm

本展は、カナダ人フォトグラファー、エドワード・バーティンスキー(Burtynsky, 1955—)の初のメジャー回顧展。オタワにあるナショナルギャラリー・オブ・カナダの企画が巡回したもので、ブルックリン美術館の展示にあたっては、美術館の写真・ドローイング・版画デパートメントのチェアー、マリリン・クシュナーが担当している。

Burtynsky, Edward

Oil Fields #13

Taft, California

2002

Dye-coupler print

Edward Burtynsky (born 1955)

Densified Scrap Metals #3a

Hamilton, Ontario, 1997

Dye-coupler print

Courtesy of the Nicholas Metivier Gallery

バーティンスキーは、世界各地の 近代産業や製造業の現場を被写体にする。ラージフォーマットヴューカメラによる彼の写真には、採掘や採鉱場、石油精製場、廃棄物再生場、大型船舶の解体場などが広大な風景画のように表現される。彼の写真は、自然を荒廃させる産業への批判をこめたものでもなければ、産業技術への讃歌を表明するものでもない。中立的な立場から、自然と産業技術が交差する風景を映し出す。 本展には、2002年から2005年にかけて中国で撮影された最新プロジェクトも含まれている。そこには、工場労働者が或るユニットのように構成的にとらえられている。

 

Burtynsky, Edward

Shipbreaking #27, Chittangong

Bangladesh, 2001

Dye-coupler print

Courtesy of the Robert Koch Gallery

 

 

Edward Burtynsky (b. 1955)

Manufacturing #2, Shift Change

Yuyuan Shoe Factory

Gaobu Town, Guangdong Province, China, 2004

写真をデジタル化することでカラートーンを調整することはあっても、構図はその現場でとらえたものだという。多くはシャッターを切らないという彼は、様々な現場で、時間をかけて構図を吟味し、そして経験から半ば感覚的にシャッターを押すと言う。

ペインティングやデザインの経験もあるというバーティンスキーの写真には、色彩・ 構成・ 質感・ディテールへのこだわりなど、一貫した形式美がある。その形式美ゆえだろうかニューヨークタイムズ紙には、写真の常套手段に陥っているとの厳しい批評が掲載された。ベッヒャー、グルスキーなどの後では、被写体へのより掘り下げたアプローチが求められているということだろうか。いずれにせよ、バーティンスキーの写真をめぐる議論は、現在の写真のあり方、あるいは批評における写真の捉え方を伝えるものでもある。(Yoko Yamazaki)

 

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.