• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

The Brooklyn Museum of Art                            

ブルックリン美術館


200 Eastern Parkway  Brooklyn, NY 11238-6052

Tel: 718-638-5000, fax 718-638-5931

URL  http://www.brooklynart.org/

水、木、金 10:00A.M.~5:00P.M.

土、日 11:00A.M.~ 6:00P.M.

月、火 休館

 


ヴィクトリアン・ヌード展(Exposed: The Victorian  Nude)

 

ローレンス・アルマ-タデマ:"お気に入りの習慣"

Lawrence Alma-Tadema, A Favourite Custom, 1909

Oil on wood, 66 x 45.1 cm.

Tate. Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest, 1909

©The Brooklyn Museum of Art 

 

                        ヴィクトリアン・ヌード展は、テート・ブリテン(the Tate Britain)の企画による巡回展。ロンドンを皮切りに、ミュンヘンを回り、アメリカはブルックリン美術館で公開された。イギリスにおける19世紀から20世紀初期のヌードをテーマにした絵画、彫刻、ドローイング、写真、そしてフィルムといった150点の作品から構成される。美しく、艶かしく、また衝撃的でもあるそれらの作品の背景にはどのような文化的、社会的な要素が交錯するのか。これらの検証が今回の展覧会のテーマである。

                        19世紀初頭のイギリス、それはヴィクトリア女王( 1837-1901)が統治を始めた頃、アーティスト達はイギリス文学作品に基づいたテーマを元に、ヌードを描きはじめる。その後、新古典主義の動き、ギリシャ・ローマ神話への傾倒から、古典彫刻からポーズを真似た作品が登場する。例えば、”プシケの入浴(The Bath of Psyche)" など。

フレデリック・ロード・ライトン:"プシケの入浴"

Frederic Lord Leighton, The Bath of Psyche

Oil on canvas, 189.2 x 62.2 cm.

Tate. Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest 1890

©The Brooklyn Museum of Art 

                        様々なヌード作品を目にし、わたし達の関心は自然とアーティストとヌードモデルへの関係にも寄せられる。展覧会では、彼等の関係が成り立つ"スタジオ"と言うタイトルでこのテーマに触れる。スタジオにまつわる神話と言えば、ローマ神話、ピグマリオン(アーティスト、ピグマリオンが自身の制作物と恋に落ちる話)。エドワード・バーン・ジョーンズ(Edward  Burne-Jones)のピグマリオンシリーズは、そのハイライトだ。

                        興味深いのは時代が新しくなるにつれ、ヌードは神話や文学から離れ、より自然な背景のなかで登場する様になること。例えば、テオドール・ラッセルの”読書する少女(Theodore Roussel. "The Reading Girl.")のように。  

テオドール・ラッセル:” 読書する少女”

ThÈodore Roussel, The Reading Girl, 1886-7

Oil on canvas, 152.4 x 161.3 cm.

Tate. Presented by Mrs. Walter Herriot in memory of the artist, 1927

©The Brooklyn Museum of Art 

 

                        ヴィクトリア時代、神話や文学に基づく大きなヌード作品は、主にロンドンロイヤルアカデミーなどの公的な場での展示のために制作された。その一方、個人の愛蔵品としてのヌードも多く登場する。例えばルイス・キャロルによるニンフの様な少女のセミヌード写真。自然の成りゆきというべきか、ヌードと言うテーマの普及は、ポルノグラフィとそのセンサーシップの誕生とも重なる。ヌードとポルノグラフィーの微妙な境界線はどのように定められるのか。今回展示された様々なヌードは純粋な美への追求か、欲望の表現か、それとも社会的コードへの挑戦か。ヌードに絡んだこれらの疑問は、現代美術にも共通する問いではないだろうか。

                        この展覧会、2003年には日本へも循回の予定。是非観覧されたい。(Yoko Yamazaki)

エヴェリン・デュ・モーガン:"カドムスとハ-モニア”

Evelyn De Morgan, Cadmus and Harmonia, 1877

Oil on canvas, 102.3 x 43.8 cm.

The De Morgan Foundation, London

Courtesy: The Bridgeman Art Library Intíl. Ltd.  

©The Brooklyn Museum of Art 

                       

                                               

                       

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.