• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

Whitney Museum of American Art

(ホイットニー美術館)


住所 945 Madison Avenue at 75th Street, NYC
電話 (212)570-3676

URL http://www.whitney.org

火、水、金、土、日 11:00A.M.6:00P.M.

木 1:00P.M.8:00P.M. (1週木曜日 6:00P.Mから8:00P.M.料金任意)

月 休館

一般 12.50ドル

 

展覧会名   Edward Hopper, Printmaker

                   エドワード・ホッパー、版画家展

会期       226~ 528日 2000

 

 この展覧会はホイットニー美術館のコレクションの中でも最も尊敬するアーティストの1人エドワード・ホッパーにささげるものである。これは1979年の伝説的なホイットニー展以来、ホッパーの版画を唯一展示する。 同展は50以上のエッチングとドライポイントと、それに関連するドローイングをも展示する。 エドワード・ホッパー、版画家展は5階のAmes Family Gallery (アメス家族展示室) に美術館が新しく捧げたのを反映した、紙を使用した作品を表示する展覧会のシリーズ最初のものである。 これらの作品は1950年以前に制作された作品のホイットニー・ コレクションからのハイライトを5階に拡大したコンテクストのもと展示される。

 ホッパーが版画制作―エッチングとドライポイント-に目をむけたのは1913年から1923年間の約10年である。 多くの仲間のアーティスト同様、彼も版画を学んでから画家として身を立てる事は出来なかった。 多くの画家のように、彼も様々な出版社のイラストレイターの職を見つけた。 成功したにも関わらず、イラストレーションの仕事は彼の芸術的野心を満足させなかった。 1度は熟練したエッチングの手法が批評的留意をひき新展開となつた。 彼の版画家としての欧米における評価が水彩画、そして即絵画にも新しく注目を引かせた。 彼はEast Side Interior (イースト・サイドの室内), Evening Wind (宵風), Lonely House (孤独な家), The Cat Boat (1本マストのボート), The Locomotive (機関車), and American Landscape (アメリカの風景)等エッチングの作品が初めて国内外の評価を受けた。

 この展覧会は5階の1展示場を充てたこじんまりまりまとめたものではあるが、以上述べてきたようにただホッパーを版画家として評価するだけでなく、彼の水彩画、絵画を理解するうえで必見のショーである。

 アート用語集 銅版画 COPPER PRINT

 

 

©Whitney Museum of American Art

Night Shadows

1921

etching

7 × 8  3/8"

©Whitney Museum of American Art

The Lighthouse (Maine coast)

1921

etching

 

 

©Whitney Museum of American Art

American Landscape

1920

etching

13  13/18  × 18 1/4"

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.