• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

リチャード・タトル展

The Art of Richard Tuttle

11/10、2005〜2/5、2006

ホイットニー美術館

Whitney Museum of American Art

 

              タトル(1941−)のデビューは、1965年ベティー・パーソンズギャラリー。その後エバ・ヘッセ、ブルース・ナウマン、そしてリチャード・セラ等と並び、ポスト・ミニマリストを代表するアーティストの一人となる。 本展は、タトルの約40年間のアートを回顧するもの。サンフランシスコ美術館で企画され、ホイットニーの後、ダラス、シカゴ、ロサンジェルス等を巡回する。

 

Richard Tuttle

Colored Line Series (1), 1969

Gouache and graphite on paper; 12 x 9 in.

Kolumba, Cologne, Germany

© Richard Tuttle

Photograph © Lothar Schnepf / Kolumba, Cologne, Germany

 

Richard Tuttle

Drift III, 1965

Acrylic on plywood; 24 1/4 x 52 3/4 x 1 1/4 in.

Whitney Museum of American Art, 

purchase with funds from Mr. and Mrs. William A. Marsteller 

and the Painting and Sculpture Committee;

© Richard Tuttle

Photograph by Geoffrey Clements

年代ごとにタトルの14のシーリーズ作品を展示する本展は、 60−70年代のドローイングから始まる。時代が下るごと、紙の上のドローイングがそのままキャンバスや板、針金やロープなど様々な素材に移行して表現されていくようでもある。タトルがデビューした60年代は、ドローイングには線(Line)、絵画には表現形式(Form)、そして彫刻には外形、形状(Shape)というように特定のメディウムへの規定概念が強く存在していた頃。 本展を企画したキュレーターのグリンズテイン(サンフランシスコ美術館)は、タトルの作品は、そんなペインティング、ドローング、そして彫刻の境界を解くものだったと語る。

また、巨大な作品が好まれた70年代、タトルは、スケールへの検証を促すかのようにわずか数センチの小さな作品(ロープピースなど)を制作している。80年代以降は、コルク、ベニヤ、ダンボール、トイレットペーパーにおがくず等、多様な素材を取り入れていく。小さな作品を床に沿って展示したり、あえて壁面の中央をさけ、コーナーやエッジを意識したインスタレーションを行なうのもタトルの特徴。 

 

Richard Tuttle

Purple Octagonal, 1967

Dyed canvas and thread; 54 7/8  x 55 1/2 in., orientation variable

Museum of Contemporary Art, Chicago, gift of William J. Hokin

© Richard Tuttle

 

 

 

Richard Tuttle

3rd Rope Piece, 1974

Cotton and nails; 1/2 x 3 x 3/8 in.

National Gallery of Art, Washington

© Richard Tuttle

ホイットニーでは、1975年にタトルの最初の個展が開催された(キュレーター:マルシア・タッカー)。 作品とスペースの関係を問い直すべくキャンバスやロープをそのまま床に並べる展示を行なっている。しかし、“退屈で無駄、”“まるで経費を出し惜しみしているよう”など 、非常に否定的な批評が多く、物議をかもした展覧会となったようだ。

 

Richard Tuttle

Waferboard 4, 1996

Acrylic on waferboard; 29 1/2 x 18 x 1/4 in.

Collection of Henry S. McNeil, Philadelphia;

© Richard Tuttle

Photograph by Tom Powel, courtesy Sperone Westwater, New York

ホイットニー美術館ディレクター、ワインバーグは、プレス公開で当時の展覧会を振り返りつつ、タトルの作品は常に疑問を投げかけるものだと語り、自由でユーモラス、しかも控えめ、まるで彼の人柄そのものだと述べた。プレス公開にはタトル自身も姿を見せた。あなたにとっての制作とは何かと聞いたところ、タトルは、概念にとらわれないオープンな視点を提供すること、そして自分の作品に寄って社会が純粋になることを望んでいると答えた。社会とアートとアーティスト、三者のつながりを意識した回答だった。 (Yoko Yamazaki) 

 

展覧会会場で語るタトル

Photo© S. Yoshida

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.