• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

アナ・メンディエータ:アースボディ、スカルプチャー、パフォーマンス (1972ー1985)

7/1~9/19,2004

ホイットニー美術館

Ana Mendieta: Earth Body, Sculpture and Performance, 1972-1985

Whitney Museum of American Art

 

Untitled (Body Tracks)

Ana Mendieta
1974

Lifetime color photograph , 10 x 8 inches (25.4 x 20.3 cm)

Estate of Ana Mendieta Collection

courtesy Galerie Lelong, New York, © Estate of Ana Mendieta Collection

                        メンディエータは、キューバに生まれアメリカで活躍した女性アーティスト。1985年、36歳の若さで謎の死をとげている(夫で彫刻家のカール・アンドレは殺人容疑を受けるが、釈放されている。)当時はフェミニズムの全盛。以後被害者的な女性というラベルを拭いきれなかった彼女の今までの解釈に対し、本展では、創作ノート、プライベートな写真等も公開し、異なる角度からの検証をうながしている。

Imagen de Yagul (Image from Yagul)

Ana Mendieta
1973

Lifetime color photograph , 20 x 13 1/4 inches (50.8 x 33.7 cm)

Estate of Ana Mendieta Collection

courtesy Galerie Lelong, New York, © Estate of Ana Mendieta Collection

                        70年代のアースワーク、コンセプチュアル、そしてパフォーマンスアートの流れを受けながら、女性の裸体への執着が、彼女独特のアートを形作る。作品の多くは,自演するフィルムや写真として残されている。虐待される女性を演じる作品も目につくが、中心となるのは肉体と自然が融合するような儀式的な映像。その要素は、土、石、樹木、そして火や水を用いて肉体のシルエットを浮き上がらせる作品群にも共通する。

Ánima, Silueta de Cohetes (Anima, Silhouette of Fireworks)

Ana Mendieta, 
1976

35 mm color slide documenting time-based action. ,

Estate of Ana Mendieta Collection

courtesy Galerie Lelong, New York, © Estate of Ana Mendieta Collection.

                        親元を離れ、12歳でアメリカに亡命した辛い経験をもっていたメンディエータ。1980年、18年ぶりに生まれ故郷に立ち寄った彼女は、その後再三キューバに足を運んでいる。土着文化への探究が、彼女の制作意欲を鼓舞したようだが、それは彼女の中の失われたアフロ・キューバンの伝統を取り戻そうとしたようにも見える。(Yoko Yamazaki)

Isla

Ana Mendieta, 
1981/1994,
 Black and white photograph , 40 x 30 inches (101.6 x 76.2 cm)

Estate of Ana Mendieta Collection

courtesy Galerie Lelong, New York, © Estate of Ana Mendieta Collection

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.