• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ホイットニー バイアニュアル2006

デイ フォア ナイト

ホイットニー美術館

 

Whitney Biennial 2006

Day for Night

 

March 2 – May28, 2006

Whitney Museum of American Art

945 Madison Avenue at 75th Street New York, NY 10021

 

Photo© S. Yoshida

今回のバイアニュアルは前回までとは少々おもむきが異なる。一つは 展覧会にタイトルが付けられたこと。Day for Night は、フランソワ•トリュフォーの映画(La Nuit Américaine, 邦題 : 映画に愛を込めて アメリカの夜 1973)のタイトルからとられた。“Américane” は、映画の撮影手法の一つで、 昼間のシーンを、フィルターを使って、夜のシーンにかえるもの。映画自体は、いわば映画のなかの映画と呼ばれるように映画の撮影シーンをあつかったもので、ストーリーらしきものがありそうでないような、虚構と現実の境を曖昧にしたようなものだ。

Photo© S. Yoshida

アメリカ以外の、ヨーロッパ圏からの作家が含まれるのも今回の特徴の一つ。キュレートを中心的におこなったChrissie IlesとPhilippe Verbneも、ともにヨーロッパ出身。バイアニュアル自体が新たな切り口を模索しているようでもある。

Photo© S. Yoshida

ホイットニー バイアニュアルの歴史は意外に古く、美術館創設の頃にさかのぼる。1932年に始まり、絵画や彫刻といった伝統的な形式からヴィデオやインスタレーション、実験的なメディアを取り入れ、現在のような形になったのは1973年から。(S. Yoshida)

Photo© S. Yoshida

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.