• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

  オールデンバーグ/バン・ブルッゲン:

 ドローイング展(ホイットニー美術館)と野外彫刻(メトロポリタン美術館:ルーフガーデン)

Oldenburg / van Bruggen Drawings in the Whitney Museum of American Art

ホイットニー美術館

7/7- 9/15, 2002

945 Madison Avenue at 75th Street

火~木:11am-6pm、金:1-9pm、土日:11am-6pm (休館日:月)

入館料:大人$12, シニア・学生(要学生証)$9.5、メンバー・12歳以下フリー

(金曜夕方6時以降は、ドネーション)

 メトロポリタン美術館:ルーフガーデン

Oldenburg and van Bruggen on the Roof: The Metropolitan Museum of Art

5/1-late fall, 2002

Fifth Avenue at 82th Street

火~木、日:9:30am-5:30pm、金土:9:30-9:00(休館日:月)

入館料:大人$10, 学生、65歳以上$5(基本的にはドネーション)

 

         クラエス・オールデンバーグ(1929年、スウェーデン生まれ)は、1959年よりニューヨークをベースに活躍するアーティスト。60年代には、アイスクリームコーンやハンバーガーといった日常的なモチーフをもとに作品を展開し、ポップアーティストの一人として知られる。今回ホイットニー美術館1階、5階のギャラリーでは、このオールデンバーグのドローイングに焦点をあてた展覧会が開催された。

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Blueberry Pie a la Mode, Sliding Down a Hill, 1996

Charcoal and pastel, 39 5/8 x 30 in.

Collection of the artist.

Claes Oldenburg

Dream Pin, 1998

Pencil and colored pencil, 30 x 40 in. Collection of the artist. Photo graphy

by See Spot Run, Inc., Toronto, Canada

         1階のギャラリーでは、1992年から1998年の間に制作された、屋外彫刻のための比較的大きなドローイングが展示されている。これらは、美術史家でありアーティストでもある妻、クージェ・バン・ブルッゲンとの共同作品である。二人は、屋外彫刻の制作を1976年より始め、アメリカやヨーロッパの各地で発表している。複数のアーティストによる共同制作(コラボレーション)は、60年代初期のハプニング以来アートを発表する一つのスタイルで、夫婦での制作もその流れをくむものだ。

Claes Oldenburg

Proposal for a Cathedral in Form of Colossal Faucet, Lake Union Seattle,

1972.

Watercolor, graphite & colored pencil on paper, 29 x 22 7/8 in.

Whitney Museum of American Art, NY;

Photo  by Geoffrey Clements.

         5階ギャラリーでは、初期の、1959年から1977年にかけて制作された74点の水彩、パステル、コンテ等による作品が展示されている。ビニールやキャンバス地でできた”ソフト・スカルプチャー”が、当時のオールデンバーグ作品の代名詞となったが、それらのイメージスケッチが並べられた。中には繊細な色使いで丁寧に描かれたものもあり、オールデンバーグの別の一面をかいま見せる。

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Corridor Pin, Blue, 1999

Photo ©S. Yoshida

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Shuttlecock/Blueberry Pies, 1999

Photo  ©S. Yoshida

                        メトロポリタン美術館、ルーフガーデン(屋上)では、ホイットニーのドローイング展と提携し、オールデンバーグ、バン・ブルッゲンの野外彫刻展が開催中だ。“コーリーダー・ピン、ブルー(Corridor Pin, Blue)”、”シャトルコック/ブルーベリーパイI, II(Shuttlecock/Blueberry Pies I and II)"等が展示されている。

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Plantoir, 2001

Photo  ©S. Yoshida

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Plantoir, 2001(部分)

Photo  ©S. Yoshida


                        オールデンバーグ、バン・ブルッゲンは、独特のモチーフに強烈な色彩を扱うが、常にセッティングつまり作品周囲の自然環境、建築環境に気を配っている。ルーフガーデンからは、マンハッタンのビル群、そしてセントラルパークが展望できるが、そこでの彼等のテーマは’都市空間における自然とアートワーク’ではないか。真夏のNYの強い日ざしを受けて、安全ピンはセントラルパークの森を指し、その脇には自然・園芸を暗示する大きな赤いシャベル(Plantoir)が立つ。ルーフガーデン入り口側のカフェの脇には、モノトーンの“彫刻家のハンカチーフ(Architect's Handkerchief)"が並ぶ。これは、エレガントな着こなしで知られる建築家マイーズ(Mies)の写真(仕立てたスーツの胸ポケットから高価なチーフをのぞかせていた)からヒントを得たもので、建築のメタファーでもある。オールデンバーグ、バン・ブルッゲンの野外彫刻は、そのユーモラスな外観で来館者の目を楽しませている。

Yoko Yamazaki)

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Architect's Handkerchief, 1999

Photo ©S. Yoshida

 

Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen

Architect's Handkerchief, 1999(部分)

Photo ©S. Yoshida

            

メトロポリタン美術館ルーフガーデン

Photo ©S. Yoshida

                       

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.