• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ティム・ホーキンソン

Tim Hawkinson

2/11~5/29、2005

Whitney Museum of American Art  

Shorts

Tim Hawkinson, 1993

Extension cord , 14 x 14 x 10 inches

Collection of Joel and Judy Slutzky

Photograph courtesy Ace Gallery

 

 

                   ロスに拠点を置き、活躍するアーティスト、ティム・ホーキンソン(1960-)。2002年には、ホイットニービエンナーレにも登場している。本展がメジャー美術館における初の回顧展となる。  

Pentecost

Tim Hawkinson, 1999

Polyurethane foam, sonotubes, solenoids, found computer program, and mechanical components , Dimensions variable

Andrea Nasher Collection

Photograph courtesy Ace Gallery,

 

                   ホーキンソンの作品は、ユーモラスでウイットに富み、常に見る側を楽しませてくれる。自由な発想で、展示空間すべてを埋め尽くすような巨大スケールのインスタレーション(überorgan, 2000)があるかと思うと、手のひらに乗せれば壊れてしまう様な小さく繊細な作品(切った爪で作った鳥、Bird, 1997)もある。アルミホイルやボール紙、電気コードなど、身近な素材がすべて作品に結びつく。目についた素材すべてにオープンで挑戦的。しかも、それら様々な素材をすべてホーキンソン流に料理する。そこには発想を形にしていくプロセスへの愛着も感じられる。  

überorgan

Tim Hawkinson, 2000

Woven polyethylene balloons, nylon, cardboard tubing, mechanical components, and air

Andrea Nasher Collection

Photo©S. Yoshida

 

Bird

Tim Hawkinson, 1997

Fingernail parings and superglue, 2 x 2 1/4 x 2 inches

Andrea Nasher Collection

Photo© Y. Yamazaki

 

 

                   あるマシンが、カタカタと何かを書いている。何だろうと覗き込んでみると、なんと”ティム・ホーキンソン”と紙にサインしている。サインされた紙は名刺サイズにカットされていく。窓際近く、日の光を受けながらちょうど秘書デスクのよう。時折紙づまりと紙の補充をセキュリティーにチェックされる。ユーモラスでありながら、その光景にホーキンソンの重要性も感じられた。それは、手仕事とマシン、相反する二つの要素の同居。一組の手のそれぞれの指先からまた腕がのび、そしてまたそこから指が、、、と増殖する手のコラージュがある。それは、手仕事をいとわない彼の制作へのアプローチを語るようだ。

Yoko Yamazaki)  

Signature

Tim Hawkinson, 1993

School desk, paper, wood, and metal; motorized , 37 x 28 x 24 inches

Collection of Kristin Dornig and Tony Krantz

Photo©Y. Yamazaki

 

Untitled

Tim Hawkinson, 2003

Ink-jet prints on foam core on panel , 68 x 117 inches

Private collection

courtesy Ace Gallery,

Photograph courtesy Ace Gallery

 

 

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.