• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

Into Me/ Out of Me

6/25−9/25,2006

P.S.1

 

 

P.S.1チーフキュレーター、クラウス・ビーゼンバッハによって企画され、P.S.1とベルリンのKWインスティチュート・フォア・コンテンポラリー・アートが共同で組織した展覧会。1960年代初頭から現代に至るまでの約40年間に肉体は何を表現してきたかを、130人を超えるアーティスト達の作品から検証するもの。

Robert Gober

Untitled

2003-2005

Bronze, beeswax, human hair, pigment, sock and shoe

24 1/4 x 40 x 34 inches

Photo: (c) Robert Gober, Courtesy Matthew Marks Gallery, New York

ショッキングなもの、官能的なもの、暴力的なものと、かなりきわどい作品も少なくない。しかし本展では,これらの作品が気をてらったものではなく、様々な社会における人間の状況の暗示あるいは描写であることを示唆する。従来の分類(例えば, 女性アーティストの活動=フェミニズムなど)とも異なりより総括的に歴史や社会との関わりの中で、表現メディアとしてのボディーをとらえようとするもの。

Andy Warhol

Oxidation Painting

1978

Urine, metallic pigment in acrylic on canvas

each 8 x 10 inches

courtesy of Gagosian Gallery

内容によって、年少者の観覧の規制もかなりあるが、肉体を題材として繰り広げられるイメージやオブジェクトをこれだけ多岐に渡り展示したのは貴重。秋にはベルリンにも巡回予定。(Yoko Yamazaki)

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.