• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

展覧会名   The World of  Nam June Pike

           ナム・ジュン・パイクの世界

  会期       211426日、2000年

 

 ナム・ジュン・パイクの世界 1982年以来、韓国生まれのマルチメデイア アーテイストの、アメリカでは初めての回顧展である。この展覧会はパイクの無類の業績を明白に示す主要作品を一堂に集めたものである。彼の彫刻、インスタレーション、ビデオテープとテレビのためのプロジェクトを通して、パイクはアーティストのメディアと成りうるビデオの可能性を認識し実現した。この展覧会は観客にパイクが過去40年間を通じて電気で動くイメージを取り扱い、彫刻とインスタレーションの次元を拡大した多数の方法を経験させる。この展覧会は視覚とメディア文化の変化にパイクが関わつた厳しい役割を探求する。

 この展覧会の呼び物の作品は壮観なサイト-スペシフィック インスタレーションModulations in Synch(2000)=映像と発声との一致における調整である。これは円筒形の建物の天井に幾つかのレーザープロジェクションを溶接し、同様にこの幾つかのレーザープロジェクションは美術館の頂上(7階)から1階の床に流れ落ちる滝を通り抜ける。円筒形の建物の床には上向きに施置された100以上のテレビセットが配置され、パイクのビデオイメージを交えたパルスが展示されたインスタレーションがある。この劇的なレーザーとビデオの出現は円筒形の建物の回り廊下にそってみられ、観客に作品の複数のパースペクテイブを提供する。

 

Global Groove 1973

Photo Courtesy of  Electronic Arts Intemix,New York

 回り廊下には1960年代と70年代のパイクの未発達ビデオインスタレーションから選んだThe Moon Is the Oldest TV(1965~76)=月は最古のTV,TV Garden(1974~78)=TV庭園,Video Fish(1975)=ビデオの魚 を含む重要な小さい規模の彫刻の群れが展示される。Magnet TV(1965)=磁石のTV のようなパイクの初期に作られた何点かのテレビジョンやTV Cello=TVセロ のようなパフォーマンスの作品もタワーギャラリーで見られる。アーテイストのレーザー彫刻からの選抜作品はハイギャラリーに設置される。

関連記事・・・他力本願アート

オープニングに・・篠原有司男

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.