• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

ダダ展

The Museum of Modern Art

6/18−9/11,2006

 

Jean Arp (Hans Arp), French, born Germany (Alsace), 
1886-1966Collage with Squares Arranged According to the Laws of Chance. c. 1916-17

Torn-and-pasted paper on blue-gray paper, 

19 1/8 x 13 5/8" (48.5 x 34.6 cm)

Purchase, The Museum of Modern Art, New York. 1937

© 2006 Hans Arp / Artists Rights Society (ARS), New York / VG Bild-Kunst, Bonn

1916-24にかけて、第一次世界大戦による混沌とした社会に呼応してヨーロッパの各地で同時多発的あるいは連鎖的に広がったアートムーブメント、ダダの展覧会 。ヨーロッパ5都市 (チューリッヒ、ベルリン,ケルン、ハノーバ、パリ) に加えニューヨークの計6都市のダダの活動を都市ごとに紹介するもの。その相似性、類似性を検証する。ナショナル・ギャラリー(ワシントンDC)、ポンピドー(パリ)そしてモマとの共同企画。 本展はすでに各地の展覧を終えており、ニューヨークが最後の巡回地。

 

Johannes Baader, German, 

1875-1955

The Author of the Book “Fourteen Letters of Christ” in His Home.

 (Der Verfasser des Buches "Vierzehn Briefe Christi" in seinem Heim). c. 1920

Cut-and-pasted gelatin silver prints, cut-and-pasted printed paper, and ink on book page mounted on paper

8 1⁄2 x 5 3/4 “ (21.6 x 14.6 cm)

The Museum of Modern Art, New York. Purchase, 1937

無政府的,無秩序的なダダの姿勢は,大戦を引き起こした国家への懐疑に起因し、伝統的な文化思想への批判とも重なっていく。現代美術に通じる写真やフィルム、新聞、雑誌といったマスメディアの積極的な使用は、過去の文化、美術形態への大々的な転覆行為でもあった。

Raoul Hausmann, Austrian, 1886-1971

fmsbwtözäu, poster poem. 1918

Line block, 13 x 18 7/8" (33 x 48 cm)

Centre Pompidou, Musée national d'art moderne-Centre de création industrielle,

Paris. Purchase, 1974

CNAC / MNAM / Dist. Réunion des Musées Nationaux / Art Resource, NY, 

© 2006 Raoul Hausmann / Artists Rights Society (ARS), New York / ADAGP, Paris, photo: Philippe Migeat

 

 

Hannah Höch. German, 1889-1978

Cut with the Kitchen Knife through the Last Weimar Beer-Belly Cultural Epoch in Germany (Schnitt mit dem Küchenmesser durch die letzte Weimarer Bierbauchkulturepoche Deutschlands). 1919-1920

Photomontage and collage with watercolor, 44 7/8 x 35 7/16” (114 x 90 cm)

Staatliche Museen zu Berlin, Nationalgalerie

© 2006 Bildarchiv Preussischer Kulturbesitz, Berlin, © 2006 Hannah Höch / Artists Rights Society (ARS), New York / VG Bild-Kunst, Bonn, photo: Jörg P. Anders, Berlin

ダダという名称の由来については諸説あるようだが,本展では、ダダの中心人物ともなったフーゴ・バルとリチャード・ヒュルゼンベックが自分たちの活動にふさわしい名称について検討していた時仏独辞典で見つけた、という逸話を紹介している。ダダは、フランス語では棒馬(hobby horse),ドイツ語では指示語(there)を表し,またルーマニア語では肯定(yes)を意味すると言い、虚無的でもありながら様々な可能性も暗示する。ヒュルゼンベックは、自分たちが選んだのではなく、ダダという言葉が自分たちにおとずれた、つまり目に飛び込んできたと語っている。全ての人文的価値判断を疑い「偶然」性が唯一判断行為から逃れる手段であると考えた彼ららしいエピソードである。

Alfred Stieglitz. American, 1864-1946

Fountain, photograph of sculpture by Marcel Duchamp. 1917

Gelatin silver print,

9 1⁄4 x 7” (23.5 x 17.7 cm)

Succession Marcel Duchamp, Villiers-sous-Grez, France

© 2006 Marcel Duchamp / Artists Rights Society (ARS), New York / ADAGP, Paris /

Succession Marcel Duchamp                               

オブジェ制作にかぎらず、カフェや劇場でのパフォーマンスは、ダダの重要な活動だった。本展では、都市のセクションごと数々のフィルムや詩の朗読の音声上演も行なっている。ダダの発祥地ともなったチューリッヒのキャバレー・ヴォルテールでのヒュルゼンベックらの詩の朗読が興味深い。大戦の主要国の三言語(英仏伊)によるフレーズを同時に朗読することで理解に支障を来すという指向。祖国を離れた亡命者達の行為は、単なる悪ふざけや戯けだけではなく、批判精神に満ちた変貌を望む因習への破壊行為であったことを示唆する。(Yoko Yamazaki)

Francis Picabia, French, 1879-1953

The Cacodylic Eye (L'Oeil cacodylate). 1921

Oil with photomontage and collage on canvas, 58 1⁄2 x 46 1⁄4” (148.6 x 117.4 cm)

Centre Pompidou, Musée national d'art moderne-Centre de création industrielle, Paris. Purchase, 1967

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.