• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

フリードランダー展

Friedlander

6/5-8/29、2005

The Museum of Modern Art

 

リー・フリードランダー(1934)は、ワシントン州生まれ。ロスで写真を学んだ後、1955年ニューヨークに移り、現在もニューヨークを拠点として活躍するフォトグラファー。1967年には、ゲリー・ウィノグランド、ダイアン・アーバスとともにモマで展覧会を行っており(New Documents)、ウオーカー・エバンス(1903−1975)、ロバート・フランク(1924−)らに続く次の世代のプォトグラファーの一人として紹介された。モマでは過去にも個展が行なわれているが、本展は 初期のコマーシャル写真から最近作まで500点を超える作品をそろえ(うち327点はモマのコレクションから)、 彼の最も包括的な展覧会となった。

60年代のテレビを撮ったシリーズやセルフ・ポートレートシリーズ(Self Portrait) 、70年代の アメリカの記念碑シリーズ(The American Monument)また90年代のアメリカの建築シリーズ(Sticks and Stones: Architectural America)など、 写真は、年代ごと、テーマごと、スタイルごとに 約60のセクションに分けられている。 実は彼は、自分で出版社を設立するほど 作品の出版にこだわりを持っていた。本展では、限定版写真集とポートフォリオも展示し、写真と出版印刷の関係に付いての検証もうながす。

本展を企画したモマ写真部門のチーフキュレーター、ピーター・ガラッシは、彼の写真はウイットに富み、事実と創作、美しさとコメディが同居し、同時に挑戦的でもあると語る。モマのあと、ミュンヘンをはじめとするヨーロッパの都市で巡回が予定されている。(Yoko Yamazaki)

 

Photo© S. Yoshida

Photo© S. Yoshida

Photo© S. Yoshida


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.