• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

Solomon R. Guggenheim Museum

グッゲンハイム美術館


住所 1071 Fifth Avenue at 89th Street, NYC

電話 (212) 423-3500

URL http://www.guggenheim.org

月、火、水、日 1000A.M.600P.M.

金、土 1000A.M.800P.M.(金 600P.M.8:00P.M.入場料金任意)

木 休館

一般 12ドル


展覧会名 

    1900 : Art at the Crossroads

展覧会名   1900年: アートの交差点 

会期     5月19日9月10日 2000年

http://www.guggenheim.org/exhibitions/1900/index.html

 

12のセクション

“パリ万国博覧会”1900年 はこの展覧会の最初のセクションであり、18891900年の間に制作されたアートの国際展覧会であるデセンナーレ展 (10年毎に開催。) から選抜した作品を展示している。 デセンナーレ展はパリ万博の一部として1900年に開催され29ケ国からの作品を展示しており、同展は各国の文化を人々に紹介した。 “パリ万国博覧会”1900年 は、当時のアートのスタイルを包括したもので、シンボリズム(象徴主義)、ヴィクトリアン・クラシズム、自然主義、デヴィジョンニズム、、リアリズムがあり、それらを同時に展示することによりまったく違うラディカルな主題の作品を並列展示する。

“ヌードと湯浴み” これはアート史ではもっとも確立された主題であり、伝統的教育の基礎と人物を学ぶ上に欠かせないものである。

“静物とインテリア” 静物は基本的に絵画的な展開の方法と考えられているが、個人のノート(記憶帳)として表現される。 自己の本分、これはムードにおいてしばしば自己観察的なもので、それはインテリアとして表現された。

“おとことおんな” 女性が家庭外で表現される場合、彼女たちは常に恐れさせられる者とされていた。 ヴィクトリア期の考えではフロイトの理論と初期女性弾圧運動の信条と意見が衝突した。

“風景” 風景はこの世紀初期の複雑さからの瞑想的な憩いの場を提供した。 また時々公的調査の主題としての役割も果した。 

“社会情景” このような地方的な見通しにもかかわらず、一搬的にはその特性ノスタルジーとその侵入である都市の広がりを否定した。 産業革命、都市への移住、労働階級の立ち上がりは社会的変化を促進した。 労働階級の緊張と人工過密を含む近代化に対する否定的観方と健康問題は地域的都市の貧困であり、何人かのアーティストはヴィジュアルなテーマとしてこれら諸問題を提示した。

“都市” 近代的な都市はまたレジャーとエンターテイメントの場でもあった。

“田舎の風景” 胸をどきどきさせる都市との正反対である田舎は伝統的に理想化された地方の土地であった。

“肖像画” 肖像画は芸術的風俗画としてもっとも収入の良い絵であった。 商人はパトロンとしての貴族のように、新しい金儲け主義の階級を再現させアーティストにそれを経験させた。

“宗教とトリプティック(3面画)” 1900年頃に、ダウイン主義と実証主義のような哲学的理論の科学的はつけんが死後の世界、精神的な昇天への信心、超越する力のをもつ存在としての神にショックを人々にあたえた。 その反動において組織された宗教組織と他の精神的組織の関心が増した。  1900年頃、数多くのアーティストがもっと取り付き易いモティーフとして伝統的宗教とバイブルの再評価を神聖なものとして試みた。 故に、キリストの存在のシーンが近代的な田舎風景におかれ、農民の敬虔深い聖なるものとしてスペインからスカンジナビアまでキャンバス上で祝された。

・田舎の風景・宗教・自画像・トリプリッチ(3面画

© Solomon R. Guggenheim Museum

The Bar

Maurice de Vlaminck

1900

Oil on canvas

40.3 × 31.1 cm

© Solomon R. Guggenheim Museum

 The Water Lily Pond (Japanese Bridge) 

Claude Monet

1899

Oil on canvas

89 × 92 cm

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.