• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

アメリカで活動する日本人アーティスト

HANAKO MATSUMOTO

篠原有司男:

 ソーホーに代わって、今や最も新しいホットなアメリカンアートの中心地・トップ画廊街チェルシー地区の RADIO HOUSE GALLERY で HANAKO MATSUMOTO が日本女流画家としてデビューを飾った。 杉の板を並べ日本の伝統的なピグメントである、胡粉・緑青・群青などをニカワで厚く塗りまくり研ぎ出した上に、自信あるデッサン力の強い線が、奇抜なヌードのポーズを浮かび上がらせている。

 一見シュールリアリズムからの何かを感じさせないでもないが、ゾーとするようなもっとミステリアスなムードがどの画面にもただよい、非常に現代的感覚に溢れた画面である。 大いに将来期待出来そうだ。

RADIO HOUSE GALLERY

601West 26th Street ,14th floor, New York

Exhibition : Hanako Matsumoto's "Floating"

Date : June 6 - July 15 , 2000

 

Thoughts

 

1999

Japanese pigments on cedar wood

160 × 44 cm

Pray

1998

Japanese pigments on cedar wood

60 × 38 cm

 

We came here Crying

1999

Japanese pigments on cedar wood

110 × 89 cm

Floating

1997

Japanese Pigments on Cedar wood

180  × 195 cm

若手アーティストに熱く語る篠原有司男

 

 

Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.