• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

NY発 ホットニュース

4月10日 2000年 発

 

ピカソの作品「黒い肘掛け椅子に座す裸婦」その後

 

 昨日サンフランシスコ美術館がMadeleine Haas Russell Revocable Trust(マドレーヌ・ハス・ラツセル廃止される財団)を重要なピカソの作品を裏をかいて購買企画を立案したのに対してカリフォルニア最高裁判所に訴訟を起こした。

 サンフランシスコでは最も重要な慈善家であり、同美術館の理事でもあつたリーバイストラウスの4代目の姪が84歳で昨年死亡。1983年には彼女の財団を設立。

 9月2日、財団は美術館と口約束をした-同美術館の顧問弁護士Charles B.Cohler(チャールズ B.コーラー)と同理事Charles Helen Schwab(チャールズとヘレン シュワブ夫妻)は合法的契約と解釈-それはピカソの恋人であつたマリー-テレーズ・ウオルターの肖像画「黒い肱掛け椅子に座す裸婦」1932年作を売却する事であつた。美術館とシュワブはこの作品を約44億円で購買し又サザビーズに仲介ネゴシエシヨンの手数料としてその販売価格の5%を支払うのに同意した。

 美術館は財団が上記契約にもかかわらず11月のクリステイーズ オークシヨンで絵画を売却すると決定し、the Limitedの会長Leslie Wexnerが(レスリー・ウエクスナー)約45億円で落札したのを契約の不履行と主張した。(この数字はクリステイーズの約41億円の販売価格に対する手数料5万ドルまで15%、それ以上は10%を含む)

 財団が美術館とシュワブに売却していたら、約3億円余分に受け取れ、この絵画も少なくとも毎年何ヶ月かは一搬公開できていたであろう。

 美術館の顧問弁護士のメモと手紙によると、契約の不履行は美術館に重要なピカソの絵画があれば観客動員の助けになつていたはずなのにそうならなかつた損害をあたえたとし、ゆえに美術館はダメージ料として約18億円以上または、専門家がこの絵画の公正な市場価格の40%と考えられる金額を要求した。。

 財団の弁護士はこの契約には法的施行力がなく、もし美術館がそれほどこの絵画を必要とするなら、今迄行つてきたように、オークシヨンで落札すべきだと述べた。

 何故美術館は11月のオ―クシヨンを中止させる変わりに6ヶ月も待つたのだろう?

「10月18日に美術館とシュワブは個人の仲裁によりこの疑問を解くためにラツセル財団を招待したが、先週になるまで財団はこの申し入れを断らなかつた」とコーラー氏は語つた。

 財団の弁護士Roger Mead(ロジャー・ミード)はそれは仲裁を通じて10月の要求は即座に断り、美術館から3月にも申込がありもう1度NOと言つたと語つた。

 

  昨日サンフランシスコ美術館が Madeleine Haas Russell Revocable Trust (マドレーヌ・ハス・ラッセル 廃止される財団)を重要なピカソの作品を裏をかいて購買企画を立案したのに対してカリフォルニア最高裁判所に訴訟を起こした。        

 サンフランシスコでは最大かつ重要な慈善家であり、同美術館の理事でもあったリーバイ・ストラウスの4代目の姪が84歳で昨年死亡。 1983年には彼女の財団を設立。

  9月2日、財団は美術館と口約束をした -同美術館の顧問弁護士 Charles B.Cohler(チャールズ B.コーラー)と同理事 Charles Helen Schwab(チャールズとヘレン シュワブ夫妻)は合法的契約と解釈- それはピカソの恋人であったマリー・テレーズ・ウォルターの肖像画 「黒い肱掛け椅子に座す裸婦」1932年作 を売却する事であった。 美術館とシュワブはこの作品を約44億円で購買し又サザビーズに仲介ネゴシエィション(交渉)の手数料としてその販売価格の5%を支払うのに同意した。

  美術館は財団が上記契約にもかかわらず11月のクリスティーズ オークションで絵画を売却すると決定し、the Limitedの会長Leslie Wexner (レスリー・ウエクスナー) が約45億円で落札したのを契約の不履行と主張した。(この数字はクリスティーズの約41億円の販売価格に対する手数料5万ドルまで15%、それ以上は10%を含む)

  財団が美術館とシュワブに売却していたら、約3億円余分に受け取れ、この絵画も少なくとも毎年何ヶ月かは一搬公開できていたであろう。

  美術館の顧問弁護士のメモと手紙によると、契約の不履行は美術館に重要なピカソの絵画があれば観客動員の助けになっていたはずなのにそうならなかった損害をあたえたとし、ゆえに美術館はダメージ料として約18億円以上または、専門家がこの絵画の公正な市場価格の40%と考えられる金額を要求した。

  財団の弁護士はこの契約には法的施行力がなく、もし美術館がそれほどこの絵画を必要とするなら、今迄行ってきたように、オークションで落札すべきだと述べた。

  何故美術館は11月のオ―クションを中止させる変わりに6ヶ月も待ったのだろう?

 「10月18日に美術館とシュワブは個人の仲裁によりこの疑問を解くためにラッセル財団を招待したが、先週になるまで財団はこの申し入れを断らなかった」とコーラー氏は語った。

 財団の弁護士 Roger Mead (ロジャー・ミード) はそれは仲裁を通じて10月の要求は即座に断り、美術館から3月にも申込があり、もう1度NOと言ったと語った。

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.