• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-NEWS- 新着情報



メトロポリタン美術館ギリシャ、ローマ美術ギャラリーリニューアルオープン

オープニング:4/20、2007

 

Photo© Y. Yamazaki

 

       15年の歳月を費やしたメトロポリタン美術館のギリシャ、ローマ古代美術セクションの拡張工事が、このたびようやく終了し、一般公開の運びとなった。一階南側の元レストランだった場所に新ギャラリーが登場し、美術館創設の1870年以来収蔵庫入りしていた作品約6千点が展示公開され、ニューヨーカーの間で大変な話題となっている。

       ギャラリー一階中央は円形の噴水が設置され、また天窓からは屋外の光が差し込むアトリウムになっている。展示された等身大の大理石像の間を歩いているとあたかも古代ローマ邸宅の回遊庭園を散策している様な気分になる。

紀元前900年から紀元4世紀までの作品が地域ごとテーマごとに展示されている。中でも興味深いのは紀元79年にベスビオス火山の大噴火により埋没した町、ボスコリアレ(Boscoreale)とボスコトレカサ(Boscotrecase)[ポンペイともほど近い]から発掘されたフレスコ壁画。メトロポリタン美術館は、現在本場のイタリア以外で観覧できる壁画作品の中では最高のものと謳っている。

新展示室は一部中2階にもおよぶ。定期的に特別展も開催予定と言う。(Yoko Yamazaki)




Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.